GLABセミナーニュース !!
 現在、弊社のメールの不具合により、2月17日(金)より手続きしていただいたGLABニューズレター解除が正常に行われていない可能性があります。ニューズレター解除を行っていただいた方で、現在もニューズレターが届きます場合は、下記URLより再度解除の手続きをお願いいたします。ご迷惑をおかけし、誠に申し訳なく深くお詫び申し上げます。
http://www.glabshop.com/newsstop/
※現在ニューズレターの解除は上記フォームのみで行わせていただいております。
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 

<メール及びお問合せフォーム等の不具合のお詫び>

2月17日(金)より弊社へメール送信できない不具合が生じております。現在、早期復旧に向けて原因を調査中ですので、修復までのお問合せに関しましては、電話またはFAXにてご連絡くださいますようお願い申し上げます。
 
電話:0823-36-2469 FAX:0823-36-2468
 
なお、メールシステムの不具合により2月17日(金)~2月21日(火)までにご入力いただいたGLABshop下記フォームが、確認できない状況となっております。上記期間に下記フォームよりご入力、お問合せいただきました方は、お手数ではありますが、再度ご入力いただくか、上記電話番号及びFAX番号にてお問い合わせください。
   
1)GLABshopお問合せフォーム
2)GLABパートナーお問合せ
3)リアライン・コア確認シート
※上記フォームに関しましては、現在復旧しております。
   
ご利用の皆様には、ご迷惑をおかけしていますことを深くお詫び申し上げます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
 

INDEX
◎セミナー紹介◎
1. 日本健康予防医学会
 第1回学術総会「サルコペニア研究専門部会」設立記念講演

◎メッセージ◎
2. 鹿屋体育大学スポーツ生命科学系 教授
 安倍孝 理事

◎キャンペーン情報◎
3. 締め切り間近!
 リアライン・コンセプト症例・事例投稿

◎開催要項・お申込み◎
4. 日本健康予防医学会 第1回学術総会「サルコペニア研究専門部会」設立記念講演の開催要項・お申込み

 
◎セミナー紹介◎
 
1. 日本健康予防医学会
 第1回学術総会「サルコペニア研究専門部会」設立記念講演

 
 日本健康予防医学会 第1回学術総会ではこの春の「サルコペニア研究専門部会」設立を記念し、本学会の理事である安部 孝先生の特別講演と、平泉理事長、栗田理事の講演、また「関節疾病予防学専門部会」の資格者による研究・実践発表を予定しています。
 
◆特別講演
「サルコペニア研究専門部会」設立記念講演
「サルコペニア・フレイル・ロコモ、その評価と改善策を考える」
安倍 孝 理事
鹿屋体育大学スポーツ生命科学系 教授
 
◆講演
「リアライン認定指導者・認定施設の取り組みと今後の展望」
栗田 興司 理事
関節疾病予防学 講師
 
◆発表1 関節疾病予防学
「ラグビー選手の足関節抜釘術後リハビリ~長期にわたる足関節可動域制限がもたらしたGlobal malalignmentに着目して~」
真木 伸一 講師
 
◆発表2 関節疾病予防学
「リハビリテーションで著効が見られなかった若年性股関節痛に対する組織間リリースの有効性~local realignを中心に~」
星 賢治 講師
 
 「サルコペニア研究」専門部会では、サルコペニアを主因とする身体機能障害の予防や改善策を学術的に検証し、それら知見から得られた具体的な方策や関連デバイスの開発・普及を目的に研究を進めていきます。
 
 この専門部会が高齢者の自立生活を維持する健康長寿の一助となれば幸いです。
 


   
INDEXへ戻る
 
 
◎メッセージ◎
 
2. 鹿屋体育大学スポーツ生命科学系 教授
 安倍孝 理事

 
 加齢の過程で起こる体の重大な変化の一つに骨格筋量の減少があります。この変化は体力や身体低下の機能を招き、日常生活に重大な影響を与えます。
 
 1989年、米国タフス大学のローゼンバーグ教授は「加齢に伴って無意識のうちに起こる骨格筋量の減少」を“サルコペニア(Sarcopenia)”と命名しました。
 
 “Sarcopenia”は、ギリシャ語で筋肉を意味する“sarx”と、損失・減少を意味する“penia”からなる造語です。現在サルコペニアに関する研究は爆発的に増加し、最近では年間約1000編の論文が公表されています。
 
 本学会ではサルコペニアの診断基準について、サルコペニアの予防改善策を研究していく観点から、本学会独自の取り組みを提案していく予定です。
 
 サルコペニアの予防・改善策の一助として、運動やスポーツは有効な手段である可能性が考えられます。
 
 当然ですが、サルコペニアの予防・改善策は運動だけではありません。本学会では、サルコペニアの予防・改善策について、運動を含め総合的な観点から研究を進めていきたいと考えています。
 
▼ メッセージ動画はこちら
http://bit.ly/2lAnMFR
 
INDEXへ戻る
 
 
◎キャンペーン情報◎
 
3. リアライン・コンセプトの症例・事例投稿して
 GLABshop掲載&インソール・ソックスプレゼント

 
★2月28日締め切り★
リアライン・コンセプトの症例・事例を投稿してGLABshop掲載&インソール・ソックスプレゼント
 
(キャンペーン期間)2017年1月16日~2月28日
(特典内容)抽選でインソール・ソックスを各5名様にプレゼント&GLABshop・Facebookにて記事掲載
(ご投稿方法)
http://www.glabshop.com/campaign170106/
 
※ご投稿内容は下記の通りとなっております。
(1)写真:1枚以上
(2)これまでの歩み
(3)リアライン・コンセプトとの出会い
(4)リアライン・コンセプトによる症例
 
▼ キャンペーン情報はこちらから
http://www.glabshop.com/campaign/
 
INDEXへ戻る
 
 
◎開催要項・お申込み◎
 
4. 日本健康予防医学会
 第1回学術総会「サルコペニア研究専門部会」設立記念講演

 
■ 日時 ■
2017年3月25日(土) 13時~16時
 
■ 会場 ■
昭和大学7号館 2階会議室
(東京都品川区旗の台2-2-15 昭和大学50年記念館)
 
■ 参加費 ■
(会員)無料
(一般)6,000円
(学生)3,000円
 
※日本健康予防医学会の入会はこちら
http://kenkouyobou.com/admission/
 
■ 定員 ■
残り50名程
 
■ 申込み締切 ■
2017年2月28日
 
■ 申し込み ■
メールにて下記項目を記入し、学会事務局までお申込みください。
 
メール送付先:学会事務局
info@kenkouyobou.com
 
1)会員の方
<件名> 第1回学術総会 参加希望
<氏名>
<会員番号>
 
2)会員以外の方
<件名> 第1回学術総会 参加希望
<氏名>
<所属先>
<メールアドレス>
※学生の方は当日学生証を提示願います。
 
※お申し込み後10日以内を目途にお振込み願います。
【振込先】三井住友銀行 赤坂支店 普通9125546
一般社団法人日本健康予防医学会
イッパンシャダンホウジンニホンケンコウヨボウイガクカイ
 
・お振込み名義は、フルネームでお願いします。
・振込手数料はご負担願います。
 

★その他現在募集中のセミナーは
http://www.glabshop.com/seminar/(PC版)
http://www.glabshop.com/seminar_list_mb/(モバイル版)
にて確認いただけます!
 
★過去のニューズレターは
http://www.glabshop.com/category/news_list/(PC版)
http://www.glabshop.com/category/news_list_mb/(モバイル版)
にて公開中です!
 
INDEXへ戻る