GLABセミナーニュース !!
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 

<メール受信不具合のお詫び>

3月19日(日)より弊社へメール送信できない不具合が生じております。現在、早期復旧に向けて原因を調査中ですので、修復までのお問合せに関しましては、電話またはFAX、GLABshopのお問合せフォームにてご連絡くださいますようお願い申し上げます。
 
電話:0823-36-2469 FAX:0823-36-2468
GLABshopお問合せフォーム:http://www.glabshop.com/inquiry/
   
ご利用の皆様には、ご迷惑をおかけしていますことを深くお詫び申し上げます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
 
セミナー情報をこちらで随時配信しています。セミナー情報をいち早く知りたい方は、GLABニューズレターをご登録下さい。


 

INDEX
◎セミナー紹介◎
1. シンプルな評価法とマルアライメント治療 CSPT2017 クリニカルスポーツ理学療法セミナー
◎キャンペーン情報◎
2. 組織間リリースの症例・事例を投稿して GLABshop掲載&リアライン・スプリント プレゼント
◎蒲田和芳コラム◎
3. 治療の技術
◎開催要項・お申込み◎
4. CSPT2017 クリニカルスポーツ理学療法セミナーの開催要項・お申込み

 
◎セミナー紹介◎
 
1.シンプルな評価法とマルアライメント治療
 CSPT2017 クリニカルスポーツ理学療法セミナー

 
 CSPT2017は、リアライン・コンセプトの治療やトレーニングを進めるうえで、マルアライメントを客観的にとらえるための評価法の習得を重視します。
 
 徒手的な検査が中心となりますが、画像や定量的な計測では発見できないような微細なマルアライメントについても確実に習得していただきます。加えて、リアライン・コンセプトを臨床でもすぐに活用していただくための基礎技術を習得していただきます。
 
 CSPT2015-2016を受講された方から、「評価法」を基礎から学びたいと希望される方が多かったための企画です。
 
 「リアライン・コンセプト」の魅力は、一つのモデルとして「治療の設計図」を提唱していることです。評価についても同じで、シンプルで一貫した方法に基づいています。
 
 「リアライン・コンセプト」に基づく評価を習得することは、治療において進むべき道を明確することへとつながります。
   
INDEXへ戻る
 
 
◎キャンペーン情報◎
 
2. 組織間リリースの症例・事例投稿して
 GLABshop掲載&リアライン・スプリント プレゼント

 
(キャンペーン期間)2017年3月13日~4月30日
(特典内容)抽選で5名様にリアライン・スプリントをプレゼント&GLABshop・Facebookにて記事掲載
(ご投稿方法)http://www.glabshop.com/campaign170313
 
※ご投稿内容は下記の通りとなっております。
(1)症例紹介(評価・問題点など)
(2)経過・考察
 


▼ キャンペーン情報はこちらから
http://www.glabshop.com/campaign/
 
INDEXへ戻る
 
 
◎蒲田和芳コラム◎
 
3. 治療の技術
 
 技術は設計図通りに仕事を進めるためには不可欠です。建物の建築であれば、設計図は建築家が作成し、大工または職人が設計図通りに家を作ります。
 
 治療では、医師の処方と治療概念に基づき、セラピストが治療技術を駆使して治療を進めていきます。
 
 その際、確固たる設計図があれば、あとは治療技術の習得のみが学習課題となり、その進捗に応じて治療の前進速度が決まります。
 
 言い換えると、治療の速度に個人差はあるにせよ、治療が前に進む過程はベテランも新米も同じになります。
 
 設計図がないと、個々のセラピストが自由に治療技術や治療法を選び、地図に記載されていない山道に迷い込んでしまうことになります。
 
 治療技術は、運動療法、補装具療法、徒手療法、物理療法などが含まれます。それらの目的をさらに細分化することで、治療法の選択についても一貫した設計図に基づいて使い分けていくことができます。
 
 例えば、運動療法は神経筋協調性の改善または筋機能の向上のため、補装具は不安定性に対する制動のため、そして徒手療法は拘縮(または組織間の滑走不全、癒着)に対して用います。
 
 このルールを定めることにより、効果が得られるはずのない治療法を選択することが一切なくなります。
 
 例えば、不安定性に対して、運動療法を用いても、いったん伸びてしまった靱帯は短くなることはありません。
 
 治療技術選択の誤りを皆無にすることにより、さらに治療は技術のみに依存することとなり、セラピストとしての研鑽の目標が統一化されます。
 
INDEXへ戻る
 
 
◎開催要項・お申込み◎
 
4. CSPT2017 クリニカルスポーツ理学療法セミナーの開催要項・お申込み
 
CSPT2017 クリニカルスポーツ理学療法セミナー
<関東会場>
 
■ 日時 ■
4月23日(日) イントロダクション
5月21日(日)  骨盤
6月18日(日)  胸郭
7月23日(日)  腰痛・骨盤痛
9月3日(日) 股関節
9月24日(日)  膝関節
10月22日(日) 足関節
11月12日(日) 足部
12月17日(日) 肩関節
1月21日(日) 肘関節・前腕・手関節
 
※講習時間は9:30-16:30です。
 
■ 対象 ■
整形外科医、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、鍼灸マッサージ師、トレーナーなど関節疾患の治療に携わるすべてのセラピスト・職種を対象
 
■ 受講料 ■ ※残数僅かです!
<10回セット受講料>
3月31日までの申し込みでセミナー1回分(12,960円分)お得!!
⇒116,640円(税込)
 
<4・2回セット受講料>
第1回~第4回の4回セット:45,360円(税込)
第5回~第8回の4回セット:45,360円(税込)
第9回~第10回の2回セット:22,680円(税込)
 
<個別受講料>
12,960円(税込)
 
■ 申し込み ■
PC版:
http://www.glabshop.com/cspt2017/
モバイル版:
http://www.glabshop.com/cspt2017_mb/
 
該当セミナーを買い物カゴに入れ、ご購入手続きへとお進み下さい。
登録前にキャンセルポリシーをお読みください。
 

★その他現在募集中のセミナーは
http://www.glabshop.com/seminar/(PC版)
http://www.glabshop.com/seminar_list_mb/(モバイル版)
にて確認いただけます!
 
★過去のニューズレターは
http://www.glabshop.com/category/news_list/(PC版)
http://www.glabshop.com/category/news_list_mb/(モバイル版)
にて公開中です!
 
INDEXへ戻る