ノルディック複合 永井秀昭選手からメッセージをいただきました。

※左下ReaLineワッペン

 

▼永井秀昭選手のご紹介
2007年、札幌で開かれたノルディックスキー世界選手権の団体戦で代表入りを果たす。その後2012年1月のコンチネンタルカップ遠征メンバーに選ばれるとドイツ・クリンゲンタールでの2連戦でそれぞれ7位、3位という成績を残し、翌2月3日のイタリア・ヴァル・ディ・フィエンメ大会でノルディック複合・ワールドカップ初出場を果たした。また、2012/13シーズンはワールドカップでは8位を記録、ヴァル・ディ・フィエンメで行われた世界選手権の個人(ラージヒル/10km)では5位入賞を果たした。2013/14シーズンは、ソチオリンピック前のワールドカップのうち2試合で9位に入り、初出場したオリンピックでは全3種目に出場した。

 
▼ノルディック複合競技とは?
⇒クロスカントリースキーとスキージャンプの2つの競技を組み合わせて競う競技である。
⇒クロスカントリースキーでは持久力、スキージャンプでは瞬発力が必要で、総合的な運動能力が求められる。
 

<永井選手からのメッセージ>

リアラインの商品は体のメンテナンス、コンディショニングに活躍してくれています。いつも使う事によってその日の細かい体調の変化や疲労具合が感じ取れるようになり、細かな調整が可能となりました。その結果調子の悪い原因を発見する事が以前より早くなりパフォーマンスの大幅な低下を防げることにもつながっています。これからもコンディショニング調整やパフォーマンス向上の為にリアラインの商品と頑張っていきます。