「健康生活マガジン けんいち vol.3」に弊社代表:蒲田和芳の記事とリアライン商品が紹介されました。

 

-つまんで動かすひざのカンタン癒着とり ゆがみを整え、ひざへの負担を軽減!-
ひざ痛解消 RRR(トリプルアール)プログラム
RRRプログラムは骨格のゆがみの原因を取り除き、
カンタンな運動を行って理想的な状態にすることで、
ひざの痛みを根本から解決していきます。

 
 変形性ひざ関節症は65歳以上の高齢者に多いひざの関節疾患です。日本人の変形性膝関節症のほとんどはO脚変形です。そして、ほとんどのO脚変形のひざにおいて、つま先が外を向く膝のねじれ(下腿外旋)、つまり「下腿外旋拘縮」が認められます。
 拘縮とは、関節包外の軟部組織(腱、靭帯、筋膜、皮膚、脂肪組織など)が原因で起こる関節可動域制限のことです。下腿外旋拘縮は、軟部組織の癒着によって下腿が本来あるべきではない外旋位(外側にねじれた位置)に固定されて動けなくなっている状態です。私たちはこの下腿外旋拘縮に着目して、マルアライメント(骨の配列異常)を正常化する保存療法を模索し、下腿外旋拘縮を軽減させる治療法を実践してきました。そしてそれを体系化したRRR(トリプルアール)プログラムを提唱しています。下腿外旋拘縮の解消に向けて取り組めば、マルアライメントを元に戻しやすくなり、ひいてはそれが変形性ひざ関節症がもたらすひざの痛みの解消につながります。

 

 本記事では、RRRプログラムの基本的な治療プロセスをはじめ、疾患部周辺の筋肉と皮下脂肪の癒着をはがしていく「リアライン-リリース」、正常なアライメントで円滑な関節運動を獲得する「リアライン-エクササイズ&レッグプレス」を紹介しております。また、皮膚がどのくらい筋肉の動きを邪魔しているのかチェックする「リリース・チェック」、ひざのねじれを改善する運動「リアライン・エクササイズ」、ハムストリングスの機能回復を目指す「リアライン・レッグプレス」などを画像付きで紹介しております。
 
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■発行日:2016年5月16日
■雑誌名:健康生活マガジン「健康一番」けんいち vol.3
■URL:http://www.sportsclick.jp/products/detail.php?product_id=8531
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 

※上記雑誌はGLABshopでも後日ご購入いただけます。(数に限りあり)