ノルディック複合 加藤大平選手からメッセージをいただきました。

 

▼加藤大平選手のご紹介
2007年札幌にて開かれたノルディックスキー世界選手権に出場後、2009年リベレツ、2011年オスロ、2013年ヴァル・ディ・フィエンメ、2015年ファールンの世界選手権と、常に日本代表として出場している。
2009年のリベレツで行われた世界選手権では、団体で優勝、金メダルを手にした。
そして、翌年の2010年にはバンクーバーオリンピック出場を果たす。2014年ソチオリンピックにおいても日本代表として選ばれ連続出場を果たした。
また、国際スキー連盟が主催するノルディック複合ワールドカップでは2度個人として表彰台に立ち、全日本スキー選手権大会ノルディックスキーにおいては個人で優勝するなど、数々の記録をもっている。

 
▼ノルディック複合競技とは?
⇒クロスカントリースキーとスキージャンプの2つの競技を組み合わせて競う競技である。
⇒クロスカントリースキーでは持久力、スキージャンプでは瞬発力が必要で、総合的な運動能力が求められる。
 

<加藤選手からのメッセージ>

長い遠征にはリアラインは必要不可欠です。毎週の試合、移動、ホテルも変わるためベッドも様々です。そこでリアラインを定期的に使用することによって身体を整えます。
腰の痛み、膝の痛みに悩んでいる方は是非試してもらいたいです。もっと早くに知っておけば良かったと後悔するはず。