肉ばなれ後遺症

ハムストリングスの肉ばなれ後の違和感、筋力低下、再発に悩む選手は数知れません。セラピストとしては、肉ばなれ前後に起こっている筋間の癒着の解消にぜひ取り組んでもらいたいと思います。
  
  
筋間と書きましたが、それだけではありません。坐骨神経と大腿二頭筋長頭や大内転筋との癒着、膝窩動静脈と半膜様筋との癒着など、神経や血管と筋との癒着も重要な治療ターゲットになります。
 
  
これらを100%解消すれば、違和感なく、攣ることもなくトレーニングを行うことができるようになります。安静や運動療法、物理療法で上記のような癒着が解消されることはありません。それは選手が一番よくわかっていることです。

 
 ⇒ この記事に関するコメントはこちら