筋筋膜性? 椎間板性? 仙腸関節由来? 
  
   
腰痛のメカニズムを考える上で、その疼痛源を特定することが治療の出発点となります。腰椎レベルの筋に圧痛があっても、それが原因と決めつけるのは早計。
 
   
10年以上前に腰椎椎間板ヘルニアの手術を受け、その後徐々に腰痛が悪化してきた症例と遭遇しました。圧痛はL3-4レベルの多裂筋/最長筋にあり、X線で変形性脊椎症を認めます。椎体の骨棘や椎間板狭小化が複数の椎体に認められます。下肢症状はなく、ヘルニアの徴候はなし。椅子坐位でハンマーを使った作業をしたあとの立ち上がりの痛みが特徴とのことでした。
 
 
屈曲位ではありますが、伸展動作中の痛みの増悪なので、後屈時の骨盤アライメントパターンを調べました。その結果、右寛骨後傾が不足し、左寛骨は下方回旋します。これを徒手的に抑制して対称な寛骨を保って後屈すると疼痛が大きく軽減。一方、下位胸郭の拡張制限と非対称性はありましたが、徒手的に対称性を得ても後屈時痛に著変なし。この時点で、骨盤マルアライメントの関与が確定されました。
  
 
マルアライメントと疼痛との関係が明確になったので、原因因子と結果因子の治療を開始します。
 
 
原因因子としては右鼠径部、左股関節外転筋の滑走不全を組織間リリースにより解決します。小殿筋が骨頭の前方に回り込んで屈筋のように作用していたことが、屈曲位から伸展位において寛骨の後傾制限を招いていました。これにより後屈時痛は大幅に軽減。

残った結果因子としては、多裂筋と最長筋との間の癒着をリリースすることで解決。腸肋筋をめくったところで腰方形筋の硬さが気になりましたが、今日のところは症状消失により治療を終了しました。
  
  
痛みの原因は痛みを消してみないと確定できません。ブロック注射と同様にアライメントを徒手的に矯正することで痛みの変化を作り出し、その結果から疼痛軽減の大きい操作から治療方針を決定します。

 
 ⇒ この記事に関するコメントはこちら