リアライン ・・・ からだのゆがみを科学する
 

ReaLine for Everyone   https://www.facebook.com/ReaLineforEveryone

GLABshopのFacebookページです。よろしければお立ち寄りください。


 
蒲田和芳 Facebookページ   https://www.facebook.com/kazgamada

Facebookアカウントをお持ちでない方は、下記に転載しておりますので、是非お読みください。


2017年10月19日 リアライン・インソール・〇〇

いつもの見慣れた風景ですが、実はいつもと全然違います。

リアライン・インソール・〇〇

新商品を試着しています。これまでのスポーツよりも柔らかく、足になじみっます。高級感も増して、革靴にぴったりです。
 

     
 ⇒ この記事に関するコメントはこちら


2017年10月18日 my shoulder pain

Now my shoulder pain is almost gone at 3 days after the onset in the Saturday evening. The graph shows the pain changes over time during the last 96 hours. It was an acute onset of tendinosis of the biceps long head tendon.
The most painful activity was shoulder elevation (flexion or abduction) and could not reach my face on the second day. I worked on inter-structural release (ISR) on the biceps long head (BLH) from surrounding structures until elbow flexion becomes painless. On the third day, the pain had been reduced to a manageable level.

So, the treatment strategy was just to remove all the force transmission to the BLH tendon, so that the tendon glides without any restrictions and I started performing easy exercises to maintain the gliding capability.

Interestingly, the elbow flexion was painless in the right side-lying position with my painful shoulder being compressed between my body and mattress. In this position, I could perform isometric shoulder abduction, flexion and external rotation, which helped a lot to avoid sudden shut down of the rotator cuff muscles.
 

     
 ⇒ この記事に関するコメントはこちら


2017年10月18日 土曜日夜に発症した右肩痛の経過

土曜日夜に発症した右肩痛の経過
■ 日曜日:
 痛みNRS8以上、挙上不可
 最大自動屈曲10度。
■ 月曜日:
 NRS5程度
 挙上を繰り返すと2くらいに軽減。
 
 結節間溝付近で長頭のリリース実施。
 肩伸展時の痛みが気になるようになったため、腱が上方に滑りやすくなるように、結節間靭帯を下方に向けてリリース。
 
■ 火曜日:
 NRS1-2程度。
 最大挙上可能。
 ほぼ忘れている時間の方が長く、1日数回思い出す程度。
  
 
ということで想像よりもかなり速やかに痛みが軽減しました。治療としては、長頭に対してどこからも外力が加わることがないように、周囲のすべての組織から長頭腱をリリースしたのみでした。
  
  
     
 ⇒ この記事に関するコメントはこちら


2017年10月17日 アメリカ理学療法士協会のスポーツ理学療法セクション

アメリカ理学療法士協会のスポーツ理学療法セクションのカンファレンスに参加する人を募集します。
  
日時: 11月29日 ~ 12月2日
場所: ラスベガス
募集人数: 男女PT、各2名以内
  
GLABとして企業展示に参加します。荷物運搬や会場での業務を少し手伝っていただく代わりに、カンファレンス参加費はGLABスタッフとして無料で参加できます。
  
  
https://spts.org/education/conferences
また希望者は27日に出発し、28日のアリゾナ州の施設見学も検討中。(今後現地と調整します。)
詳細はメールでお問い合わせください。
info@g-lab.biz
     
 ⇒ この記事に関するコメントはこちら


2017年10月16日 新潟県理学療法士学会

10月29日(日曜日)の午後いちで、新潟県理学療法士学会にて講演させていただきます。テーマが「予防理学療法」ということで、日本健康予防医学会の活動と通じるものがあります。
   
   
進行を防ぐ「二次予防」という観点で、私たちは「根本的に治す」ということを意識せざるを得ません。治療成績をGoodやExcellent で判定されることが多いのですが、「治った」と言い切るためにはその上の「Normal」を目指すべきです。Normalの定義は、痛めたこと自体を完全に忘れられる状態、左右どちらが患側なのかを忘れている状態、ともいえます。
    
   
今回は仙腸関節障害をテーマに講演しますが、どの関節疾患でも上記の基本的な目標は共通です。初期の膝OAもNormalと感じられるくらいにまで治すことを突き詰めることが、将来の疫学データにインパクトを与えるような予防医学の確立につながると思い、日本健康予防医学会の活動を進めていきます。
  
   
当日、私は日帰りでの新潟入りとなりますが、東京から新幹線で2時間、大阪からも飛行機ですぐに行ける場所ですので、多くの方とお会いできるのを楽しみにしています。
 

     
 ⇒ この記事に関するコメントはこちら


2017年10月16日 右肩痛の経過

右肩痛の経過
  
  
昨日は発症の翌日ということもあって痛みが強く、抗重力位での自動屈曲不可、自動外転不可、上腕を固定した状態での肘屈伸でNRS5、内外旋でNRS5といった状態でした。
  
  
昨日は、肘の屈伸中の二頭筋長頭内側(広背筋付着部との間)や外側(大胸筋付着部との間)、さらには結節間靱帯と長頭腱のリリースを行いました。リリース中は、肘の屈伸に伴う痛みはかなり減弱し、就寝前にはNRS5から3程度にまで減弱していました。
  
  
今朝は肩屈曲(前方挙上)60度まで可能となり、午後には全挙上可能となりました。挙上中の痛みは60-90度がピークで、挙上1回目にNRS5程度ですが、10回繰り返すと2くらいになります。徐々に腱が滑るようになるにつれて痛みが軽減するのが感じられます。
  
画像は、発症から40時間ほど経過した本日午後の超音波画像です。長頭腱内とその周囲に少し血流が認められます。
  
My shoulder pain which evoked in the Saturday evening has become very bad on Sunday, but it is manageable on Monday (today). I wan unable to raise my arm at all on Sunday, but I can today .

The echo shows some blood flow within and around the biceps long head (BLH) tendon, but the symptom has been improved significantly.

I treated myself yesterday by utilizing inter-structural release (ISR) on the latissimus dorsi, pectoralis major and any other structures surrounding the BLH tendon during active elbow flexion/extension. Pain during elbow movement was severe in the Sunday morning, but was down to NRS 3 in the evening. Still unable to raise my arm more than 30 degrees.
 
    
In the Monday morning, I woke up to find myself having much reduction of pain and was able to raise arm up to 60 degrees. Pain in the NRS during elevation was 5, and was reduced down to 2 after repeating elevation 10 times.
 

     
 ⇒ この記事に関するコメントはこちら


2017年10月15日 急性の右肩痛

昨夜から急性の右肩痛を発症。圧痛点は二頭筋長頭の内側。痛みのため上肢挙上はほぼ不可能。更衣、リュック装着、タオルで体を拭くなどの上肢を使う動作はかなり不便です。
圧痛からSLAPではなさそう。棘上筋も大丈夫。痛みは長頭腱と結節間靱帯に限局している。
現在発症から12時間、新幹線に乗って左手は自由に使える。さてどうしましょう?
Woke up to find myself having acute right shoulder pain. Tenderness is found at the medial side of the biceps long head. No tenderness on the Supraspinatus or labrum. Unable to raise the arm more than 20degrees.
I am on a bullet train, and my left hand is available for treatment for an hour. What can I do?
     
 ⇒ この記事に関するコメントはこちら


2017年10月14日 中殿筋後縁と小殿筋後縁を組織間リリース

前屈時に右PSISが外方に偏位し、最大前屈時には内側に戻る例。中間域で中殿筋後縁および小殿筋後縁が緊張するため、大転子に対してPSISが引き込まれることにより、右仙腸関節に開大ストレスが加わります。
これに対して中殿筋後縁と小殿筋後縁を組織間リリースします。特に小殿筋は関節包に強く癒着している場合もあるので、丁寧に関節包を触診してからリリースを開始します。
  
   
A patient with right SI joint pain. The right PSIS shit laterally and then medially during forward bending activity, which may be due to the adhesion at the posterior portions of the gluteus medius and minimus. Careful palpation reveals that these portions are tight with inferior deviation relative to the line connecting the PSIS and greater trochanter. Therefore, releasing these muscles superiorly will reduce the tension dramatically by allowing unconstricted excursion of these muscles during hip flexion.

The inter-structural release (ISR) technique is utilized to release the loose connective tissue between the gluteus medius and minimus as well as the joint capsule and gluteus minimus. It requires a careful palpation of the joint capsule to achieve complete release of the gluteus menimus and capsule.

By performing successful ISR, the lateral shift of the right PSIS during forward bending was eliminated and pain of the right SI joint disappeared. The pain during prolonged sitting was also reduced. Once the realignment is complete, he works on strengthening the right gluteus maximus to stabilize the SI joints at loading. Note that the lower portion of the transverse abdominis is an innominate internal rotator and increase the lateral shift of the PSIS, which may worsen the symptom.
 

     
 ⇒ この記事に関するコメントはこちら


2017年10月12日 ロンドン最終日

ロンドン最終日、Queen Mary University at Londonの医学部のcadaver labで腓腹筋・ヒラメ筋・アキレス腱の筋腱移行部あたりを超音波で観察。その後、Institute of Sport, Exercise & HealthにてUTCimagingを使ってみました。
  
   
もうこれで十分、とはいきませんが一旦帰国します。研究や大学院教育、スポーツ理学療法士などたくさん学んできました。
 

     
 ⇒ この記事に関するコメントはこちら


次ページ»

Powered by BB-Blog60.