リアライン ・・・ からだのゆがみを科学する
 

ISR(組織間リリース®)セミナー2018 イントロダクションセミナー帯広

セミナーご紹介
 関節疾患が思うように治らないとき、関節拘縮やその原因である組織間の滑走不全が障壁となっていることが少なくありません。組織間リリース®またはISR®(=Inter-Structural Release)とは、長期間の「拘縮」や「可動域制限」に対しても、確実に可動性を回復させるための徒手療法技術です。
通常のISRセミナーは「初級編」「中級編」と各3日間の開催となりますが、本セミナーは1日で完結するイントロダクションセミナーとして開催致します。

 

ISR®とは

 ISR®(=Inter-Structural Release)とは、組織どうしをゆるく結合している疎性結合組織をリリースすることを意図した徒手的治療法です。このテクニックは、広島国際大学教授の蒲田和芳が20年間に渡り徒手療法の技術開発に取り組んだ結果たどり着いた技術です。治療技術として用いるだけでなく、1㎜単位での詳細な触診が可能になり、さらには触診により痛みを「計測」するための技術でもあります。ISR®は、主に以下のような目的で使用されます。
 

1.慢性痛への効果
 運動器の慢性痛には少なからず組織間の癒着が関与しています。Fascia(線維性結合組織)の重責をエコーでの生理食塩水でリリースすることにより、頑固な慢性痛が改善されることが近年わかってきました。また、股関節鏡手術において、関節包に癒着する瘢痕組織をレーザーやシェーバーでリリースすることで、術後の可動域と疼痛の大きな改善が得られることが分かってきました。さらに、慢性炎症により形成された異常血管と疼痛との関連性、fascia内の水分の可動性と発痛物質との関係なども解明されつつあります。これらは医師による治療技術として近年発展していますが、ISR®を習得することにより、セラピストもこれらと同様のことを実施できるようになります。
 
2.マルアライメントの修正
 ヒトが正常に身体運動を行うためには、皮膚、皮下脂肪、筋、腱、靱帯、関節包、骨膜など全ての組織において、隣接する組織との間で可動性を保つ必要があります。ISR®を用いることで、組織間の癒着に基づく慢性痛を取り除くだけでなく、マルアライメントの修正を進めることが出来ます。ISRは蒲田が関節疾患治療の設計図として提唱している「リアライン・コンセプト」を進める上で不可欠の要素となります。
 
3.正常な筋機能の獲得
 炎症や組織損傷の結果として癒着している組織をリリースすることができるようになります。例えば、ハムストリングスの肉ばなれのあと、半膜様筋と大内転筋、大腿二頭筋長頭と半腱様筋などが癒着し、それがしこりや違和感として感じられ、筋が痙攣したり、肉ばなれしそうな不安感をもたらしたりします。深い屈曲位でのハムストリングスの最大収縮で、筋がつりそうになることはよく経験されることです。ISR®を習得すると、これらを確実に、しかも症状や機能の変化を検証しながら治療を進めることができます。

 

 ISR®の技術は、繊細な指先の触診技術とともに進歩してきました。具体的には、指先を組織の間に滑り込ませて、末節骨遠位端を使って1㎜の精度で疎性結合組織をリリースします。その結果、あらゆる軟部組織(=皮下組織、筋、腱、神経、骨膜など)を対象として、組織間の癒着をリリース(解放)し、滑走性を改善するものです。組織をつぶすことなく、溶かすように組織間の滑走性を改善させます。幼児期のときのように、すべての組織がスムーズに滑るようになることで、組織の緊張が軽減され、癒着による痛みが軽減されます。

 

セミナー要項

■開催日時:
 2018年4月7日(土) 18:00~20:30終了予定(受付開始17:30)
■セミナー会場:
 帯広の森市民プール会議室 アクセス
(住所) 〒080−0856 帯広市南町南7線56番地7(帯広の森運動公園内)
■受講料:
 2,000円
■講師:
 前田克史先生(松田整形外科記念病院)
■対象:
 理学療法士、柔道整復師、鍼灸師
 

受講登録


組織間リリース(ISR)イントロダクションセミナー帯広

2,000円(税込) 【SOLDOUT】

 
 
 

事務連絡

■資料(ハンドアウト)・会場案内について
・セミナー開催日の1週間前までに受講登録をされた方には、事前にハンドアウト(PDFファイル)および会場案内を電子メールにて送信いたします。
・原則としてセミナーの5日前~前日までに送信する予定ですが、開催3日前(日曜日のセミナーでは木曜日朝)までにハンドアウトのご案内メールが届かない場合は、seminar@g-lab.bizまでお問い合わせください。なお、金曜日の17時以降のメールにはお応えできない場合がります。
・ハンドアウトデータ(PDFファイル)を送信するため、必ず個人のパソコン用のメールアドレスにて会員登録を行ってください。携帯メール、職場の共用のメールアドレスは不可とさせていただきます。登録メールアドレスの変更を希望される場合は、メールにてセミナー事務局にご連絡ください。
 

■注意事項
 開催中止の場合
参加人数が最低規定数に満たない場合、天災、交通事情、講師の病気・事故等の止むを得ない事情により、開催を中止する場合がございます。その際、既に参加お申込の方には別の開催日程への振替、または受講料返金をご選択いただきます。なお、交通費、宿泊費等の受講料以外の費用の補償には応じかねます。
 郵送物なし
本セミナーのチケット等を郵送することはございません。ハンドアウトや資料は電子メールでお送りします。
 領収書当日配布
セミナー当日にお配りするネームプレートの裏面が領収書となっております。宛名は空欄となっておりますので、適宜ご記入ください。
 無断複製の禁止
事前に配布するセミナーハンドアウトは個人使用を目的とした使用のみを許可しています。デジタルデータ、紙出力を問わず事前配布資料の無断複製、配布、第三者への譲渡を固く禁じます。
 無断撮影の禁止
セミナー風景(講師、他の受講者、スクリーン)のビデオ撮影・写真撮影・音声録音を固く禁じます。なお、休憩時間中の展示物や実技パートナーの写真撮影は禁止の対象外とします。
 インターネットへの公開
本セミナーの価値を多くの方に知っていただくため、SNSやブログへの投稿を歓迎します。ただし、写真に他の受講者や講師が写っている場合は、個別に許可を得てから投稿してください。
 コンセント使用の禁止
事故防止の為、会場内のコンセントを使用してのスマートフォン・タブレット・パソコン等の充電は不可とします。緊急の場合は、セミナースタッフ・講師へご相談ください。

 

Powered by BB-Blog60.