リアライン ・・・ からだのゆがみを科学する
 

Level 1 リアライン・フィッターとは?

リアライン・デバイスの正しい知識、使用方法を習得されていることを証明する資格です。リアライン・デバイスを販売されている店の方や、スポーツ指導者やの方にお勧めいたします。
 

Level 1 リアライン・フィッターになるためのセミナー

 Level 1 リアライン・フィッターになるには、リアライン・デバイス実技セミナーの受講が必要となります。
 リアライン・デバイス実技セミナーは、5種類の「リアライン・デバイス」を1日で学べる実技セミナーです。リアライン・デバイスとは、関節の歪みを早期に矯正することを基盤とした新しい治療法「リアライン・コンセプト」を効率的に進めるため開発されたものです。
 リアライン・デバイス実技セミナーでは、リアライン・コンセプトの基本的な考え方をご理解いただき、その上で各論として(1)足部・足関節 (2)膝関節 (3)体幹の3つにテーマを分け、5種類のデバイスを実際に用いて進めていきます。リアライン・デバイスの正確な知識や使用方法、効果を学ぶことができます。
 リアライン・デバイスを理論的にかつ実践的に学んでいただき、リアライン・デバイスを使用されたことがない方でも、ご理解していただける内容のセミナーとなっております。

 
※以前弊社(GLAB)より行っておりましたリアライン・デバイス認定資格をお持ちであった方は、Level 1をスキップし、
 Level 2 リアライン インストラクターからの受講が可能です。
 

Level 1 リアライン・デバイス実技セミナーの申込み

 ▼PCよりアクセスの方はこちら
 ▼モバイルよりアクセスの方はこちら
 

Level 1 リアライン・デバイス実技セミナーの教材申請

上記よりセミナーの申し込みをされた方は、当日弊社よりお貸しします教材の申請を下記よりお願いいたします。
 

募集対象

目  的: Level 1 リアライン・フィッターに必要なリアライン・デバイスの安全な使用法を習得すること
意  義: Level 1の合格により、リアライン・デバイスの販売・紹介ができる「リアライン・フィッター」の
      認定証を取得できます。これにより、デバイス使用時や紹介者にトラブルが生じた時に補償可能な
      会員特典が付与され、購入・仕入れ時に割引を受けることが出来ます。
主な対象: インソールなどを取り扱う販売店店員、スポーツ指導者、運動指導者、アスリートなど
医療資格: 不要
学会入会: 事後でも可(正会員)
 

資格取得の流れ

① リアライン・デバイス実技セミナーを受講
② 学会入会・入会金支払い
③ 各種講座受講
  ◇ eラーニング講座(Level 1)受講の後、Quiz Aに合格
④ 日本健康予防医学会ウェブサイトのMyPageのアカウント内にて契約手続き
⑤ 認定料支払い(10,000円)→認定登録
⑥ 認定書発行
 

リアライン・デバイス実技セミナーの位置づけ

 本セミナーは以下の色のついた部分に該当します。本セミナー受講とは別に、学会入会、eラーニングの受講、
Quiz Aの合格によりLevel 1の要件が満たされます。認定料のお支払いの後に、認定証が発行されます。
 

   入会 eラーニング 公式体験セミナー 認定セミナー 公開講座

対人スキル コンセプト スキル
ゲスト会員 デバイス別会員
Level 1 Level 1
Quiz A
リアライン・デバイス
実技セミナー
Level 2 Level 2
Quiz ABC
Level 2認定セミ
ナー(2日間)
Basic CPSTまたは
CPST on demand
 
Level 3-1 Level 3
Quiz D
Level 3認定セミ
ナー(2日間)
Adv CPST PST
Level 3-2 Level 3
Quiz E
Level 3認定セミ
ナー(2日間)
Adv CPST ISR

 

Powered by BB-Blog60.