リアライン ・・・ からだのゆがみを科学する
 

Level 2 リアライン・インストラクターとは?

リアライン・デバイスを活用しつつ、全身の関節に対して適切な運動指導が行えることを証明する資格です。パーソナルトレーナー、アスレチックトレーナー、トレーニング指導者、フィットネスインストラクターなどの運動指導者の方々にお勧めいたします。
 

Level 2 リアライン・インストラクターになるためのセミナー

 Level 2 リアライン・インストラクターになるためには、Level 2認定セミナー対人スキルセミナーの受講が必要となります。
 Level 2認定セミナーは、座学と実技の両面からみっちりと2日間リアラインについて習得していただきます。座学では、リアライン・コンセプトの総論をはじめ、各デバイスやエビデンスについて学んでいただきます。トレーニングを効果的に進めるために、いつどのようなタイミングでリアライン・デバイスを用いるかということが理論的に理解できるようになります。実技においては、他者への指導という観点から学んでいただきます。座学で学んでいただいた、リアライン・デバイスを用いたトレーニング構築方法を、より効果的に進めるために、この実技をしっかりと習得していただきます。
 また、Level 2 リアライン・インストラクターは、他者への運動指導が目的の資格ということから、対人スキルセミナーの受講も必要となります。治療スキルの向上とともに、『コミュニケーション力&対人スキル』の習得が不可欠です。

 

Level 2  リアライン・インストラクター認定セミナー/対人スキルセミナーの申込み

 ▼PCよりアクセスの方はこちら
 ▼モバイルよりアクセスの方はこちら
 

Level 2  リアライン・インストラクター認定セミナーの教材申請

上記よりセミナーの申し込みをされた方は、当日弊社よりお貸しします教材の申請を下記よりお願いいたします。
 

募集対象

目  的: Level 2「リアライン・インストラクター」に必要なリアライン・デバイスおよびエクササイズ
      の指導法を習得すること
意  義: Level 2の合格により、主に健常者に対してリアライン・デバイスを活用した運動指導を行える
      リアライン・インストラクター」の認定証を取得できます。これにより、デバイス使用時や指導
      対象者にトラブルが生じた時に補償可能な会員特典が付与され、購入・仕入れ時に割引を受ける
      ことが出来ます。
主な対象: パーソナルトレーナー、アスレチックトレーナー、トレーニング指導者、
      フィットネスインストラクターなど
医療資格: 不要
学会入会: 正会員であること。
 

資格取得の流れ

①学会入会・入会金支払い
②各種講座受講(以下、順不同)
  ◇eラーニング講座(Level 2)受講の後、Quiz AおよびBに合格
  ◇CSPT(オンデマンド)受講後、 Quiz Cに合格
  ◇認定セミナー受講
  ◇対人スキルセミナー受講
  ◇CPR/AED受講証明書提出
③日本健康予防医学会ウェブサイトのMyPageのアカウント内にて契約手続き
④認定料支払い(10,000円)→認定登録
⑤認定書発行
 

Level2 リアライン・インストラクター 認定セミナー/対人スキルセミナーの位置づけ

 本セミナーは以下の色のついた部分に該当します。本セミナー受講とは別に、学会入会、eラーニングの受講後、
Quiz AおよびBの合格、CSPT(オンデマンド)受講後、 Quiz Cに合格によりLevel 2の要件が満たされます。
 認定料のお支払いの後に、認定証が発行されます。
 

   入会 eラーニング 公式体験セミナー 認定セミナー 公開講座

対人スキル コンセプト スキル
ゲスト会員 デバイス別会員
Level 1 Level 1
Quiz A
リアライン・デバイス
実技セミナー
Level 2 Level 2
Quiz ABC
Level 2認定セミ
ナー(2日間)
Basic CPSTまたは
CPST on demand
 
Level 3-1 Level 3
Quiz D
Level 3認定セミ
ナー(2日間)
Adv CPST PST
Level 3-2 Level 3
Quiz E
Level 3認定セミ
ナー(2日間)
Adv CPST ISR

 

Powered by BB-Blog60.