リアライン ・・・ からだのゆがみを科学する
 


しなやかな背骨、理想的なコアをつくる運動補助具

 

リアライン・コアのご購入

下記のいずれかの方法でリアライン・コアの使用方法をご確認後、ご購入をお願いいたします。
 
◎ご購入までの流れ

1.使用法を確認 <初めてご購入の方>
 ① 右の『リアライン・コア 使用マニュアル』
   PDFファイルをご確認ください。
 ② 右のyoutube動画をご確認下さい。
 ③ 「確認シート」(webでの注文の方のみ)に
   ご記入の上、GLABに送付してください。
   ※FAX注文の方は注文用紙に確認事項が記載
    されております。
2.GLABshopまたはFAX、メール
  ご注文ください。

 
<<その他>>
下記の方法もございます。

リアライン・コアの体験会へ参加する。 日本健康予防医学会に入会し、リアライン認定資格を取得する。
リアライン・コアの体験が可能な施設や、リアライン・デバイス認定者をご紹介させて頂きます。TEL:0823-36-2469 または shop@g-lab.biz までお問い合わせください。 日本健康予防医学会リアライン認定資格を取得すると、購入に際、以下の割引を適用させて頂きます。
・Level 1:10%割引 ・Level 2:20%割引 ・Level 3:30%割引

 
◎ご購入

GLABshopでネット購入 FAX & メールで購入
1.初めてご購入の方は、こちらより確認シートをご記入の上、
 送信してください。
  ※ご購入前に、必ず確認シートを送信ください。
2.「カゴへ入れる」をクリックし、「買い物カゴを見る」より
 ご購入手続きへとお進みください。
◎ご注意
リアライン・コアは骨盤ユニット、胸郭ユニットの2台1セットで108,000円となります。ご注文数量のお間違いのないようご注意ください。
リアライン・コア

108,000円(税込)
 
 
 
 
▼リアライン・コアのコメント閲覧はこちらから 
▼リアライン・コアのコメント投稿はこちらから 
こちらをクリックして『リアライン・コア 申込用紙』PDFファイルに必要事項をご記入の上、shop@g-lab.biz またはFAX:0823-36-2468宛てへご申請ください。
リアライン・コア

 
 

リアライン・コアとは?

 リアライン・コア(ReaLine CORE)は、コアを構成する骨盤と胸郭の歪みを整える(リアライン)ための運動補助具です。 骨盤ユニットと胸郭ユニットからなります。
 
◆ 骨盤ユニットを装着して足踏み、歩行、スクワットなどを行うと徐々に骨盤が左右対称な状態に誘導されます。
◆ 胸郭ユニットを装着して深呼吸、後屈運動、回旋運動、上肢の運動などを行うと、徐々に胸郭の下部が左右対称に拡張できるようになります。
 
リアライン・コアを装着して運動を行うことで、歪みのない骨盤と胸郭を保った運動パターンを効果的に学習できるのです。
 

骨盤の矯正

骨盤ユニットを装着し、足踏み、歩行、スクワットなどを行うと徐々に骨盤が左右対称な状態に誘導されます。
胸郭の矯正

胸郭ユニットを装着し深呼吸、後屈運動、回旋運動、上肢の運動などを行うと、徐々に胸郭の下部が左右対称に拡張できるようになります。

<<開発背景>>
骨盤と胸郭は体の中心(コア)にあり、姿勢、脊椎の運動、腰痛などと深い関係があります。骨盤と胸郭に歪み(非対称性)が生じると脊椎の運動にも異常が生じます。そこで、理想のコアを作るうえで、
 
◆ 骨盤を対称で、安定させること
◆ 胸郭の下部が左右対称に側方に拡張すること
◆ 骨盤と胸郭の対称性を維持する筋肉が効果的に働くこと

 
が必要となります。しかし、骨盤と胸郭の対称性を確実に獲得できる方法は、これまで存在しませんでした。そこで、これらの対称性を獲得できる簡便な方法が必要とされていました。

 
 

リアライン・コア紹介動画


 

リアライン・コア使用目的

1. 姿勢改善:骨盤と胸郭の歪みをリアラインすることによって姿勢を確実に改善します。
2. 脊柱可動域改善:骨盤と胸郭を左右対称にリアラインすることによって脊柱の可動域を改善します。
3. 股関節・肩関節可動域改善:骨盤と胸郭をリアラインすることによって股関節や肩関節の可動域を改善します。
4. 筋バランス:骨盤周囲の左右の筋活動のバランスを改善します。
5. コアの安定化:対称で安定した骨盤と胸郭によってコアトレーニングの効果を増大。

<<リアライン・コアの使用場面>>
◆ アスリート:骨盤と胸郭の歪み対策を日々のコンディショニングの中核に位置付けて、歪みのない骨盤と胸郭でコアの
        機能を最大化。
◆ フィットネス:骨盤と胸郭の歪み対策によって柔軟でバランスの良い健康な背骨を保つ。
◆ リハビリ・治療院:骨盤と胸郭の対称性を獲得し、様々な疾患の治療を下支え。
 
主なユーザー(日本代表クラス)
 プロ野球、Jリーグ、スキージャンプ、モーグル、ラグビー、バレーボール、バスケットボール、テニス、バドミントン、陸上、競泳、飛び込み、ゴルフ、セパタクロー、など

 
 

リアライン・コアの使用法

▼骨盤エクササイズ

 
▼胸郭エクササイズ

注意:1回の使用時間は10分以内です。ベルトの締め過ぎにご注意ください。
 
※応用エクササイズはこちら
 
 

ユーザーからのコメント

 

◆女子モーグル日本代表 星野純子選手
フリースタイルスキー・女子モーグル日本代表。チームリステル所属。新潟県長岡市出身で、12歳から競技を始める。2011、2013年の世界選手権代表入り、2014年にはソチオリンピック出場を果たす。その後も全日本スキー選手権大会で優勝するなど、難易度の高いエアを武器に日本女子モーグル次世代エースとして活躍が期待される。

(コメント)
 リアライン・コア使用前の症状は、胸郭が非常にかたく、上半身を柔軟に使って体幹をしっかり使うことが困難でした。そこで、毎日1回10分、トレーニングを始める前にリアライン・コアを使用したところ、胸郭がスムーズに動くようになり、体幹を使っての全身運動ができるようになりました。
 リアライン・コアは1回の短時間で目に見える効果が出るので、すごいと思っています。 毎日のトレーニング前に取り入れても苦にならず、継続して行う ことができるので、使用前の症状はほとんど改善されてきました!

 

◆投擲 杉山選手
投擲の競技とは、砲丸投げ・円盤投げ・槍投げ・ハンマー投げの総称であり、体の軸がとても重要になってくる非常に難しい競技である。円盤投げや槍投げは、古代オリンピックから存在する種目と言われ、歴史ある競技である。

(コメント)
 最初はきつく締め付けられる感覚がして、本当にこれで柔軟性が出るのか疑問に思っていました。リアラインコアをつけてストレッチしているうちに、最初は体の左右でズレがあった締め付け具合が同じになっていき、体も少しずつ動くようになっていくのが分かりました。終わって外してみると、体が解放されて軽くなった感覚がするとともに、明らかに柔軟性が良くなっていることに本当に驚きました。

 

◆元プロバスケットボール 稲本聡子選手
女子プロバスケットボール選手として活躍された稲本選手。小学生の頃にバスケットボールをはじめ、高校は名門樟蔭東高等学校(現:アナン学園高等学校)に進学した。過去にはU-22日本代表候補にも選ばれた。

(コメント)
 私は今まで仰向けで寝るのがしんどくてすぐ横向きになって寝ていました。仰向けで寝れない理由は…腰、膝、足首に問題があったためです。でもそれがリアラインコアを毎日やってるうちに身体のアライメントが徐々によくなっていて、気づけば最近仰向けで寝ることができるようになりました。

 

◆Re-Vive代表 真木伸一先生
大学を卒業後アスレティックトレーナー、ストレングス & コンディショニングコーチとして仕事を始め、選手のリハビリでしっかりと結果を出せるようになりたいと考え、理学療法士の道を選択。 資格取得後は、スポーツ現場と病院双方において運動器疾患を中心にリハビリ業務を行ってきた。現在は、自身のコンディショニング施設であるRe-Vive conditioning houseを立ち上げた。
▼ Re-Vive conditioning houseウェブサイト:http://reviveconditioning.com/

(コメント)
 一般の方はもとより、アスリートに至っても、関節のゆがみを正した上でトレーニングを行う、という意識を持っている方は少ないと思います。“正しい運動軸で、アライメントを保って運動する”こういった意識付けをする上で、活用させてもらっています。

 

◆理学療法士 延原雅代先生
2004年に理学療法士資格取得後、横浜市内の病院へ勤務し、外来、療養・回復期病棟などの変形性関節症や骨折による手術後の方、脳血管疾患や呼吸循環器疾患の方へのリハビリテーションに携る。また、理学療法士として勤務をしながら、Jリーグのチームの公式チアリーディングチームチアリーダーとして7年間活動していた。現在、その経験を生かしダンス教育振興連盟JDACの認定準講師として、リアライン・コンセプトに基づいた、身体の歪みとダンスという講座を担当。

(コメント)
 ダンス教育振興連盟JDACの準認定講師として、身体の歪みとダンスという講座の中でリアライン・コアを使用しています。痛みなどを実際に感じていない方でも、自分自身の身体の状態を知って頂いて、リアライン・コアを使用して歪みを改善したあとの身体の変化を実感して頂き、整えて鍛えるということの大切さをお伝えしています。

 

◆聖隷クリストファー大学 根地嶋誠先生
理学療法士免許取得後、整形外科医院、大学附属病院に勤務し、主に運動器疾患の臨床経験を積む。臨床の傍ら、社会人および高校のサッカー部、ラグビー部等のトレーナーとして、メディカルサポート活動を行う。現在は、大学教員として、理学療法士養成教育および研究活動に携る。昨年より高校生の部活動を応援するプログラムを立ち上げ、高校スポーツ選手もサポート。

(コメント)
 新患の機械的腰痛患者に対し、骨盤・胸郭アライメントの対称化を目的にベルトで固定し、体幹の屈曲・伸展運動を介入として行う臨床研究をしました。治療頻度は週2回でしたが、多くの患者が1~2週間程度で通院が不要となるくらい運動時痛やQOLの改善を認めました。骨盤・胸郭アライメントの対称化は疼痛を生じにくい状況をつくり、運動を行いやすくします。通常、痛みの強い急性腰痛に運動療法は行われませんが、この方法であれば、ある程度運動することができます。患者主体の治療ができるため、大きなメリットだと感じます。

 

リスク・禁忌・重要事項

禁忌
・急性の肝機能障害の人、ウイルス性肝炎の活動期である人。
・骨粗鬆症または60歳以上の人。
・糖尿病およびその重篤な合併症(網膜症・腎症)がある人。
・その他、医師が不適当とみなした人。
 
医師の判断を要する
・幼児または意思表示ができない人。
・鼠径部または下肢の血行障害、リンパ節の異常、神経障害が
 ある人。
・心臓疾患の人。
・骨盤・脊柱・胸郭への手術歴や腫痬。
・最近心臓発作または脳卒中の発作を起こした人。
・妊婦
・出産直後の女性など骨盤周囲や体幹部に何らかの不安がある人。
・腰痛や骨盤痛を有する人。
重要事項
・取扱説明書に記載の用途・用法以外での使用は禁止します。
・通院中、骨粗鬆症、60歳以上は必ず医師の許可が必要です。
・痛み、不快感、痺れ、感覚鈍麻・過敏、血行障害、血圧上昇、不整脈を含め何らかの身体的な異常が生じた場合は、直ちに本機の着用・使用を中止してください。
・股関節の血管・神経を圧迫する恐れがあるため、連続10分以上、1日30分以上の使用を禁止します。
・ラチェット操作による圧迫の強さは痛みや不快感が生じない範囲で調節してください。
・血圧など健康状態をチェックし、支障のないことを確認した上でご使用ください。
・肋骨骨折のおそれがあるため、胸郭ユニットを装着した状態での素早い動作を禁止します。

 
免責事項
・メーカーおよび発売元はリアライン・コアの効能・効果について保証出来かねます。
・メーカーおよび発売元は、取扱説明書の使用上の注意点から逸脱した使用法によって生じたあらゆる損害について責任を負いかねます。
 
 

リアライン・コアのご購入

 

GLABshopでネット購入 FAX & メールで購入
1.初めてご購入の方は、こちらより確認シートをご記入の上、
 送信してください。
 ※ご購入前に、必ず確認シートを送信ください。
2.「カゴへ入れる」をクリックし、「買い物カゴを見る」より
 ご購入手続きへとお進みください。
リアライン・コア

108,000円(税込)
 
 
 
 
▼リアライン・コアのコメント閲覧はこちらから 
▼リアライン・コアのコメント投稿はこちらから 
こちらをクリックして『リアライン・コア 申込用紙』PDFファイルに必要事項をご記入の上、shop@g-lab.biz またはFAX:0823-36-2468宛てへご申請ください。
リアライン・コア

 

Powered by BB-Blog60.