踵部脂肪体の痛み
 
 
踵部脂肪体周囲の痛みの治療に難渋することが多かったのですが、これに対して踵骨内側から脂肪体に向けて下行する「脛骨神経内側踵枝」を脂肪体内から足根管付近まで辿ってリリースしたところ、踵の痛みがスッキリ消失したという症例を経験しました。
 
 
脂肪体内にある神経は以前から認識していましたが、それを3-4cm上方まで辿ったことはありませんでした。特に強いTinel signがあるわけでもなく、神経症状とは捉えにくい症状でしたが、神経をリリースしようとしたときに鮮明に主訴が再現されたことがヒントになりました。

 
 ⇒ この記事に関するコメントはこちら