リアラインコンセプトに基づく周産期ケア
 
  
■ リアライン周産期ケア
「周産期の母体には驚くべき適応が生じますが、組織の伸張性や滑走性の個体差やもともと存在した癒着の影響により、母体には多彩な不快感が生じます。骨盤周囲の痛み、腹腔内の圧迫による呼吸・摂食困難、下肢の浮腫みなどが代表的です。当研究室では、骨欄や胸郭のリアラインセラピーの治療経験を周産期に活かした周産期ケアのノウハウを構築し、その普及活動を行っております。」

■ 内容
1. 妊娠後期のコンディショニング
1)腹腔容積拡大 ⇛ 呼吸・食事・睡眠の改善
 胸郭周囲皮下組織・腹筋群リリース
 腹直筋深層リリース
 外側縫線(lateral raphe)リリース
2)骨盤アライメントの改善 ⇛ 仙腸関節痛改善
 股関節周囲の癒着解消 ⇛ 股関節内転・屈曲可動域改善
 仙骨周囲・殿部の癒着解消 ⇛ 仙骨アライメント改善
 坐骨神経癒着解消
3)下肢浮腫改善
 大腿静脈周囲のリリース
 
 
2.臨月のコンディショニング
1)胎児の降下に伴う骨盤関節へのストレス集中の回避
 恥骨結合離開 ⇛ 仙腸関節周囲のリリース
 一側仙腸関節の離開 ⇛ 対側仙腸関節・恥骨結合周囲のリリース
 両側仙腸関節の離開 ⇛ 恥骨結合周囲のリリース
2)仙骨前傾による産道の拡大
 尾骨前方偏位(仙骨後傾位)の改善(尾骨周囲のリリース)
3)強制呼気トレーニング
 伸長されていた上部腹横筋収縮の再学習
  
  
3.出産直後のコンディショニング
1)姿勢改善
 背筋群の緊張寛解:外側縫線(lateral raphe)リリース
 胸郭アライメントの改善:胸郭・皮下組織のリリース
2)骨盤安定化
 骨盤アライメントの改善:股関節周囲の癒着解消
 リアライン・コア
 スタビライゼーション(非荷重位、荷重位)
 強制呼気トレーニング:伸長されていた上部腹横筋収縮の再学習
3)下肢浮腫改善
 大腿静脈周囲のリリース
 
 ⇒ この記事に関するコメントはこちら