臨月の鼡径部の詰まり、違和感、拘縮、そして骨盤アライメント
 
 
妊娠後期でもアスリートでも、あるいは一般の腰痛患者の治療においても、骨盤アライメントと股関節の拘縮は常に表裏一体の関係にあります。右鼡径部に拘縮があれば、同側の寛骨は前傾方向に引かれて骨盤は歪んだ状態になります。
 
 
仰向けで腰部に負担を感じるとき、もしかしたら片側の寛骨が前傾していることが原因かもしれません。例えば右寛骨が前傾すると、右寛骨の後部は上方に移動するので、仙骨が傾きます。その影響が腰の筋肉の緊張を高めるのです。そのような状態が疑われたら、手で左右の寛骨の前後傾を修正すると、その瞬間に腰の張りが軽減されることで確認できます。
 
  
こういう非対称的な骨盤の状態が把握できたら、どの筋肉が寛骨を前傾方向に引いているのかを丁寧に探っていきます。特に緊張の強い組織があれば、おそらくそれが原因でしょう。
 
 
この動画では、右の大腿直筋と腸骨筋との間で分岐した大腿神経を触知しています。最初に大腿神経を大腿骨頭上の関節包から剥がすようにして外側に向かってリリースします。そうすると、内側の腸骨関節包筋の外側縁が触知されるので、関節包をこするようにしてこの筋を内側に向けてリリースします。
 
 
この妊婦さんの場合は、上記によって寛骨が左右対称となり、背臥位での不快感が解消されました。

 
 ⇒ この記事に関するコメントはこちら