リアライン ・・・ からだのゆがみを科学する
 

2018年6月15日 配信分

 ReaLineショップニュース !!
 
ショップ情報をこちらで随時配信しています。ショップ情報をいち早く知りたい方は、GLABニューズレターをご登録下さい。

 

INDEX
◎リアライン商品紹介◎
1. リアライン・インソール・スポーツと前足部アライメント
◎新商品紹介◎
2. 腰椎・骨盤への負担の少ない最適な腹筋強化法としてABDOLLY発売
◎キャンペーン情報◎
3. 新サイトReaLine.infoオープン記念
 毎週当たる!プレゼントキャンペーン

◎ご案内◎
4. リアライン・インソール

 
◎リアライン商品紹介◎
 
1. リアライン・インソール・スポーツと前足部アライメント
 
26個の骨からなる足部のアーチは、骨の形状とともに筋や靭帯によって支えられています。アーチ機能の破綻は後足部や中足部のマルアライメントから始まり、徐々に前足部や足趾のマルアライメントへと進行します。
 
母趾の外反に代表されるマルアライメントは一見すると第1中足趾節間(MP)関節のマルアライメントのように見えますが、実際には第1中足骨自体の内転・回外が先行して生じています。
 
■ 母趾マルアライメントを改善させるために
症状がある場合は、マルアライメントを修正し、ストレスの集中を防ぐことを最優先とします。その後、筋力の強化(スタビライズ)、マルアライメントを招く動作パターンの修正(コーディネート)へと進めます。
 
(1)後足部回外を修正
荷重時に後足部回外を招く外力を消失させる必要があります。具体的には、内果周辺の拘縮を解消させて、後足部の回外拘縮を修正します。次に、回内方向に引き上げる腓骨筋や長趾伸筋の機能を改善させ、歩行時にはできるだけ後足部中間位で接地できるようにします。
 
▼日本健康予防医学会 level3認定者のご紹介
http://www.glabshop.com/shops/#37
 
(2)足部リアライン
次に、外側アーチが降下している場合には、その頂点にある立方骨の挙上可動性を改善します。組織間リリースを行って、足底脂肪体や母趾外転筋深層のリリースにより、外側アーチの形成に必要な可動性を獲得させます。
 
▼日本健康予防医学会 level3認定者のご紹介
http://www.glabshop.com/shops/#37
 
(3)リアライン・インソール・スポーツ
内側アーチや外側アーチを無理やり挙上させるのではなく、立体的なアーチ構造のかなめである立方骨を支持するためリアライン・インソール・スポーツを用います。
 
スポーツ医療機関において2000名を越えるアスリートのインソールを製作した開発者がつくるインソールを是非お試しください。
 
INDEXへ戻る
 
 
◎新商品紹介◎
 
2.腰椎・骨盤への負担の少ない最適な腹筋強化法としてABDOLLY発売
 
息を吸いながら前方に移動し、息を吐きながらもとに戻る運動を行う際、まさに理想的な腹筋活動を得ることができます。
 
理想的な腹筋活動・・・腹横筋下部(腹部で最も深層に位置する筋肉)を持続的に緊張させ、同時に上部の腹筋群は呼吸筋(呼吸を行う筋肉)として、胸郭の運動を支えるような筋活動
 
■ ABDOLLYのメリット
 
【安全性】
通常の起き上がり運動(シットアップ)では、仙骨を後傾させ、仙腸関節に強い負担を与えます。ABDOLLYはこのような仙腸関節への負担がありません。また腰椎屈曲による椎間板への強いストレスも回避できます。
 
【癒着防止】
呼吸運動を連動させながらABDOLLYを用いることで腹筋群の筋固有の機能を要求するエクササイズとなり、腹筋群間の滑走性を維持できます。
 
【呼吸との連動】
呼吸筋であり、体幹の安定化筋でもある腹筋群に対して、目的に合った活動パターンを学習させるトレーニングを実施できます。
 
【負荷量調節】
負荷量を自在に調節することができます。
 
【バリエーション】
バリエーション豊富なトレーニングを実施できます。
 
腰痛治療やアスリートの体幹強化にぜひご活用ください。特に、リアライン相を終了した上で進められるスタビライズ相において、安全かつ有効なトレーニングが可能になります。ぜひお試しください。
 
INDEXへ戻る
 
 
◎キャンペーン情報◎
 
3. 新サイトReaLine.infoオープン記念
 毎週当たる!プレゼントキャンペーン

 
<オープン記念1>
6/15~7/15の期間中、新サイトReaLine.info(https://realine.info/)でリアライン商品を一度に <2万円以上> 購入いただいた方の中から、「毎週」抽選で1名様に「リアライン・ソックス5足セット」または「リアライン・インソール3足セット」のどちらかをプレゼント! 
※チームメンバーとの共同購入も可とします。
 
■お申込み: 上記サイトでのご購入者様から自動的に抽選させていただきますので、お申込み不要です。
 
<オープン記念2>
6/15~7/15の期間中、
1) 新規にリアラインの代理店としてご登録され、
2) ReaLine.info (https://realine.info/)で、リアライン商品を <5万円以上> 購入いただいた方
の中から、「毎週」抽選で1名様に「リアライン・コアSI」をプレゼント!
 
■新規にリアライン商品の代理店登録をご希望の法人(医療機関、治療院、フィットネスジムなど)の担当者様より、koho@realine.infoにお申し込みください。
※治療院、フィットネスジム様などは弊社と協力関係にある(株)大廣様へのご登録となります。(株)大廣様へのご登録の場合もキャンペーン対象となります。
 
■代理店登録完了後、初回の「リアライン商品」ご注文時のお支払いが5万円を超えた場合に抽選の対象とさせていただきます。
※上記「リアライン商品」について、店頭サンプル(リカバリーキット含)やフィッティングサンプルを除きます。
 
厳正なる抽選の上、ご当選者様のみにメールアドレスでご連絡させていただきます。
 
【注意事項】
・ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
・メールでの当選連絡の締め切り日までに発送先をご連絡頂けない場合、当選は無効とさせていただきます。
・ご当選後の賞品の変更や返品には応じかねます。
・ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
 
INDEXへ戻る
 
 
◎ご案内◎
 
4. リアライン・インソールのご案内
 
【ご購入はこちら】
https://realine.info/realine/insole-sports
 
【 種類 】
スポーツ、ライト、ジュニア
 
 【 サイズ 】
12cm-29cm
※12cm-21cmはジュニアのみ
 
【 金額 】
スポーツ(トウサポート付): 6,450円(税込)
スポーツ(トウサポートなし):5,850円(税込)
ライト、ジュニア:1,950円(税込)
 
お得なセット購入もございます。
※セットは代理店掛け率対象外となります。
 
★その他リアライン商品は
http://www.glabshop.com/realine-shop/(PC版)
http://www.glabshop.com/realine_list_mb/(モバイル版)
にて確認いただけます!
 
★過去のニューズレターは
http://www.glabshop.com/category/news_list/(PC版)
http://www.glabshop.com/category/news_list_mb/(モバイル版)
にて公開中です!
 
INDEXへ戻る
 
 


2018年4月27日 配信分

 GLABセミナーニュース !!
 
セミナー情報をこちらで随時配信しています。セミナー情報をいち早く知りたい方は、GLABニューズレターをご登録下さい。

 

INDEX
◎セミナー紹介◎
1. 指導法が大きく変化
◎蒲田和芳コラム1◎
2. リリースのポイント
◎蒲田和芳コラム2◎
3. 肩甲胸郭関節の可動性を低下させる広背筋の癒着を攻略
◎開催要項・お申込み◎
4. ISR(組織間リリース®)セミナー初級編

 
◎セミナー紹介◎
 
1.指導法が大きく変化
 
 ISR2018でのISRの指導法が大きく変わります。
 
・剥がす感覚
・剥がされる感覚
・剥がすための指の使い方
 
の3つを確実に習得していただきます。
 
 現在、ISR初級編、中級編の実技動画の撮り直しを行っております。ISRの手の使い方がこの2-3年で急激に変化してきたためです。技術はどんどん進歩し、より深く、緻密に、そして優しくなっています。
 
 そして、今回の実技動画のハイライトは指の使い方から始まっていることです。受講者の皆様には、指の動きや形(Kinematics)と力の入れ方(Kinetics)の両方を最短で習得していただきたいと思います。
 
 この組織間リリース(R)【ISR(R)】は、リリースポイントを1mmのレベルにまで小さくし、弱い力で、精密にリリースする技術です。「治す」をテーマとした治療を進めるためには不可欠であることは疑う余地もありません。
 
 関節疾患が思うように治らないとき、関節拘縮やその原因である組織間の滑走不全が障壁となっていることが少なくありません。長期間の「拘縮」や「可動域制限」に対しても、確実に可動性を回復させるための徒手療法技術、組織間リリース(R)【ISR(R)】を多くの方に習得していただくことを願っております。
 


 
INDEXへ戻る
 
 
◎蒲田和芳コラム1◎
 
2. リリースのポイント
 
■ リリースポイント
 
下記の写真をご覧ください。

 
黒い点は、私(蒲田)がISRを行うときに使っている場所です。この小さな点で触診し、リリースを行います。これが大きかったり、曖昧だったりするとリリースのスピードは著しく低下し、つぶすだけの「挫滅マッサージ」になってしまいます。
 
■ テープ剥がしの動画
 
下記の写真をクリックしていただき、テープ剥がしの動画を最後まで見てください。(Facebook)

 
指先がテープに乗り上げることなく、机に対して一定の力で垂直に押し付けながら、机に平行な方向に1mmだけテープを押し込みます。その位置を保持し、抵抗がなくなるまで待ちます。私(蒲田)がISRを行うときは、まさにこれを繰り返しています。多少の応用編はありますが、原則としてこれ以外の使い方はないと思っていただいて間違いありません。習得したい方は、自己流を忘れてまずこれをしっかり真似してください。
 
■ 動画をデータベース化
 
日本健康予防医学会の資格者の方へは、このような動画をデータベース化し、資格者がそれぞれ自分のパソコン上で閲覧できるようにすることを検討しています。今後は、これに加えてエクササイズの動画も準備し、CSPTやISRのセミナーで使うすべての動画も閲覧できるよう検討しております。
   
INDEXへ戻る
 
 
◎蒲田和芳コラム2◎
 
3. 肩甲胸郭関節の可動性を低下させる広背筋の癒着を攻略
 
1. 肩甲骨と胸郭の間の広背筋
 
肩甲胸郭の可動性を低下させる原因として、肩甲下筋を前鋸筋(および滑液包)が癒着すると思っていました。しかし、画像や触診を繰り返すうちに、実際には肩甲下筋と前挙筋の間には広背筋が挟み込まれ、しかもかなり強く癒着している例が多いことが分かってきました。
 
肩甲下筋はほとんど前鋸筋に触れていません。すなわち広背筋は肩甲骨と胸郭の可動性を失わせる接着剤のように挟み込まれているのです。
 
肩甲骨の前面において、肩甲下筋と広背筋は広範囲で癒着を起こしています。このため、肩甲骨の上方回旋や外旋(内転)に対して抵抗します。
 
さらに、その前で広背筋と前鋸筋が広範囲で癒着し、上方回旋を引き起こす前鋸筋の機能を低下させます。同時に広背筋の柔軟性も失われるので、肩甲上腕関節の挙上にも強く制限をもたらします。
 
広背筋を上方にたどると、その前縁が烏口突起(場合によっては小胸筋)に癒着している場合があります。これは相当に肩の運動やアライメントに影響を及ぼしています。運動では絶対に修正できない上部体幹のマルアライメントとも関連します。
 
烏口突起の下では、広背筋の前面で腕神経叢から伸びる多数の神経や上腕動脈と癒着し、後面で腋窩神経と癒着していることもあります。
 
そして、烏口突起の外側を通った広背筋は烏口腕筋と上腕骨の間、さらに大胸筋の深層を通って上腕二頭筋長頭の内側につきます。この上腕骨の停止部付近で起こる癒着は肩甲上腕関節の外旋制限の原因となります。

 
2. 広背筋を解放
 
広背筋の前縁から前鋸筋との間をリリースしていくと、肩甲骨下角に到達できます。そのまま肩甲骨から指先を離さずに上内方に向かって滑らせていくと肩甲骨内側縁を辿ることが出来ます。
 
徐々に上方の広背筋・前鋸筋間をリリースし、次に肩甲骨前面(肩甲下筋)をこするようにしつつ広背筋を外側に向けてリリースすると、広背筋を前鋸筋と肩甲下筋の両方から解放できます。それをさらに上方にたどると、広背筋内側縁と小胸筋や烏口突起との癒着をリリースできます。
 
ISRセミナー(初級編)では、2017年度最後に開催された大阪会場からこの肩甲骨内側縁の触診を含め、肩甲胸郭の癒着のリリースを本格的に開始しました。過去の受講者の皆さんも、肩甲胸郭に挟み込まれた広背筋を救出してみてください。

 
3. 広背筋の癒着の影響
 
広背筋の癒着が肩の可動域に及ぼす影響は以下の通りです。
 
1)広背筋は肩の伸筋なので、これが胸郭上で前鋸筋と癒着すると肩の屈曲制限を招く。
 
2)広背筋が大円筋や肩甲下筋と癒着すると、肩甲骨の上方回旋を外側でブロックし、上方回旋制限をもたらす。その状態で無理に上方回旋しようとすると、広背筋は胸郭から部分的に浮き上がって遠回りすることになり、さらに屈曲制限を強める。
 
3)広背筋が肩甲下筋と癒着すると、肩内旋筋である肩甲下筋とともに肩の外旋制限を招く。その結果、外転に必要な肩の外転可動域が制限される。
 
4)さらに小胸筋、烏口腕筋、腕神経叢、大胸筋(上腕二頭筋短頭と長頭の間で)とも癒着してさらに頑固な肩の可動域制限をもたらす。
 
以上のように、広背筋という強大な筋はたくさんの筋と癒着を作り、肩の機能を著しく低下させます。広背筋という一つの筋を癒着から解放できるようになるだけでも、肩の治療は大きく変わるはずです。ISR(組織間リリース)を習得して、ぜひ取り組んでみてください。
 
INDEXへ戻る
 
 
◎開催要項・お申込み◎
 
4. ISR(組織間リリース®)セミナー初級編
 
■ 日時 ■
 
(1)京都会場
2018年7月22日(日)
2018年8月25日(土)
2018年9月29日(土)
 
(2)東京会場
2018年11月10日(土)
2018年12月22日(土)
2019年1月26日(土)
 
※講習時間は9:30-16:30です。
 
■ 会場 ■
 
(1)京都会場
京都テルサ
第1・2回⇒東館3階 D会議室
第3回⇒東館2階 中会議室
(京都市南区東九条下殿田町
70番地)
 
株式会社ルネサンス 第1-2会議室
(東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア3F)
 
■ 受講料 ■
 
3回セット受講:96,180円(税込)
 
■ 対象 ■
 
・医師、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、鍼灸マッサージ師
・アスレティックトレーナー(ATC、JASA-AT)、パーソナルトレーナー
・海外で徒手療法または医療資格、医療類似資格を取得された方
(日本の法的な制約を理解し、習得した技術を合法的に用いることができる方)
 
■ 申し込み ■
PC版
http://www.glabshop.com/isr2018
モバイル版
http://www.glabshop.com/isr2018_mb
 
● 該当セミナーを買い物カゴに入れ、ご購入手続きへとお進み下さい。
● 登録前にキャンセルポリシーをお読みください。
 
★その他現在募集中のセミナーは
http://www.glabshop.com/seminar/(PC版)
http://www.glabshop.com/seminar_list_mb/(モバイル版)
にて確認いただけます!
 
★過去のニューズレターは
http://www.glabshop.com/category/news_list/(PC版)
http://www.glabshop.com/category/news_list_mb/(モバイル版)
にて公開中です!
 
INDEXへ戻る
 
 


2018年4月9日 配信分

 ReaLineショップニュース !!
 
ショップ情報をこちらで随時配信しています。ショップ情報をいち早く知りたい方は、GLABニューズレターをご登録下さい。

 

INDEX
◎リアライン商品紹介◎
1. 足首に不安を持つアスリートに最適なソックス
◎コメント紹介◎
2. 可動域の左右差がかなり小さくなりました!!
◎キャンペーン情報◎
3. つぶやいてリアライン・ソックスGET!
◎ご案内◎
4. リアライン・ソックス

 
◎リアライン商品紹介◎
 
1. 足首に不安を持つアスリートに最適なソックス
 
足首をひねりやすい、弛い、急な方向転換が怖いといった不安を持つアスリートはとても多く、それがパフォーマンス低下につながっていることも少なくありません。
 
これらに対して、足関節の安定性を高めるようなテーピングが用いられます。しかし、長期間のテーピングの使用は皮膚の癒着を作り出し、可動域の制限を招くことがあります。背屈可動域が制限されることで、さらに背屈位での安定性を低下させることにつながります。背屈位での安定性が低下することにより「足首をひねりやすい」状態となり、ますますテーピングに依然せざるを得なくなります。
 
こういった足首の不安をもつアスリートに最適な商品が「リアライン・ソックス」です。
 
リアライン・ソックスはテーピング機能を兼ね備えたソックスで、背屈可動域が改善するよう設計されています。それも、足首を固定するのではなく、正常な可動域を拡大して、本来足首の骨の形状が作り出す安定性を最大限に発揮させます。また、テーピングのような強い締め付けもないので、長期間使用しても弊害がありません。これにより、背屈位の安定性が獲得されて、不安が大幅に軽減されます。
 
さらに、リアライン・ソックスは、足関節底屈位においてつま先が内に向くのを防ぐように設計されています。このため、底屈位での安定感も向上します。
   
リアライン・ソックスは足関節において重要な動きである、背屈・底屈時の動きをしっかりサポートします。
 


 
INDEXへ戻る
 
 
◎コメント紹介◎
 
2.左右差がかなり小さくなりました!!
 
リアライン・ソックスをご愛用いただいているアスリートのコメントをご紹介いたします。
 
■ リアライン・ソックス・プロをご愛用!
十種競技 リオオリンピック日本代表『右代 啓祐選手』
 
⇒テーピングのようなきつい締め付けもなく程よい圧で締め付けてくれるので、本来の動きを活かしながら試合やトレーニングに打ち込む事ができています。特に「リアライン・ソックス・プロ」の側面にあるストッパーのおかげで、走高跳や走幅跳などの踏切時のシューズ、ソックス間のズレがなくなりよりグリップ力を感じる事ができています。
 
■ リアライン・ソックス・レギュラーをご愛用!
ラグビー名門『リンカーン大学ラグビー部』
 
⇒チーム全体のパフォーマンス向上にとても有益だと感じます。
 
■ リアライン・ソックス・ソフトロングをご愛用!
東京美装スキー部 『齋藤 翔太選手』
 
⇒スキージャンプで飛ぶときに履いてみたところ、足首関節の可動域が凄く広がりパフォーマンスが向上しました。
 
■ リアライン・ソックス・ソフトをご愛用!
陸上十種競技 『辻井 亮太選手』
 
⇒スクワットをする時の足首の可動域が右足の動きがかなり悪かったのですが、左右差がかなり小さくなりました。足首の不安がなくなり、安心感があります。
 
■ リアライン・ソックスをご愛用いただいているアスリート
 
・ラグビー日本代表 『立川 理道選手』『松橋 周平選手』
・プロサッカー選手『工藤 壮人選手』『都倉 賢選手』『我那覇 和樹選手』
・SASUKE2018に出場、陸上十種競技『檀野 俊選手』
・プロフェッショナルチアチーム『東京ガールズ』

 
※一部の選手をご紹介させていただきました。
 

 
INDEXへ戻る
 
 
◎キャンペーン情報◎
 
3. つぶやいてリアライン・ソックスGET!
 
Twitter、Facebook、インスタグラムのSNSなど(ブログも可)でリアライン・ソックスに関するコメントを投稿いただいた方の中から、抽選で5名様に「リアライン・ソックス・ソフト」をプレゼントいたします。
 
■ 応募方法
【ステップ1】
リアライン・ソックスに関するコメントを投稿してください。
※限定公開は不可、一般公開に限る。
 
【ステップ2】
下記よりキャンペーンへ応募してください。
https://goo.gl/forms/j8AZU31Wo5QlrdRJ2
 
■ 応募締め切り
2018年5月20日(日)
 
応募期間締め切り後、厳正なる抽選の上、ご当選者様に連絡をいたします。ソックスのカラーは選べません。
 
【注意事項】
・ご当選時に投稿を削除されている場合は対象外となります
・限定公開は不可、一般公開されている投稿に限ります。
・ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
・メールでの当選連絡の締め切り日までに発送先をご連絡頂けない場合、当選は無効とさせていただきます。
・ご当選後の賞品の変更や返品には応じかねます。
・ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
 
INDEXへ戻る
 
 
◎ご案内◎
 
4. リアライン・ソックスのご案内
 
【ご購入はこちら】
http://www.glabshop.com/realine_socks/
 
【 種類 】
プロ
レギュラー
ソフト
ソフトロング
 
 【 サイズ 】
Sサイズ(22cm-23.5cm)
Mサイズ(24cm-25.5cm)
Lサイズ(26cm-27.5cm)
LLサイズ(28cm-29.5cm)
3Lサイズ(30cm-31cm) ※レギュラーのブラックのみ
 
【 金額 】
プロ、ソフトロング: 3,900円(税込)
レギュラー:3,500円(税込)
ソフト:2,800円(税込)
 
お得なセット購入もございます。
※セットは代理店掛け率対象外となります。
 
★その他リアライン商品は
http://www.glabshop.com/realine-shop/(PC版)
http://www.glabshop.com/realine_list_mb/(モバイル版)
にて確認いただけます!
 
★過去のニューズレターは
http://www.glabshop.com/category/news_list/(PC版)
http://www.glabshop.com/category/news_list_mb/(モバイル版)
にて公開中です!
 
INDEXへ戻る
 
 


2018年3月23日 配信分

 GLABセミナーニュース !!
 
セミナー情報をこちらで随時配信しています。セミナー情報をいち早く知りたい方は、GLABニューズレターをご登録下さい。

 

INDEX
◎セミナー紹介◎
1. 関節機能が改善していく流れの「共通項」
  部位別症例報告

◎コメント紹介◎
2. 2017年度CSPT
◎開催要項・お申込み◎
3. CSPT2018 東京・大阪会場

 
◎セミナー紹介◎
 
1. 関節機能が改善していく流れの「共通項」
  部位別症例報告

 
 関節機能が改善していくうえで、ほとんどの関節、ほとんどの人に「共通項」があります。それは、最初に他動運動の異常を解消する、といった治療の優先順位につながります。さらにこれを突き詰めると、最も効率的な治療の進め方(設計図)を作り上げることができます。
 
 「CSPT2018 クリニカルスポーツ理学療法セミナー」のカリキュラムは、ほぼ全ての関節疾患に適用できる設計図を習得できるようにデザインされています。この設計図をリアライン・コンセプト(治療理論)と呼びます。その設計図を進める上で必要な「評価」と「治療技術」(徒手療法・運動療法・補装具)も講習に含まれています。
  
 部位別の全10回となっています。下記URLよりこれまでご紹介した症例報告を掲載しております。
 
 CSPT2018の特徴は、ずばり「評価」です。過去のCSPTを受講したが、「もう少し効率的に治療ターゲットの絞りこみができれば臨床的にもっと使いやすいのに」、といった悩みを解決するようにカリキュラムを作っています。
 
■ 理学療法士がアライメントを変える意義と必要性
 
■ 6自由度の骨盤アライメントを考えるには‐仙腸関節痛の基本を解説
 
■ 肩痛・腰痛に関連する胸郭のリアラインしてますか?
 
■ 腰痛・骨盤痛のメカニズムを特定していますか?
 
■ 鼠径部痛症候群はリアラインで治す
 
■ その膝の痛みはどこから?―内側の痛みをテーマに―
 
■ 繰り返す捻挫の原因は靱帯が緩いだけ?? -ぐらぐらの足関節に対する捻挫再発予防
 
■ 外反母趾の治療:足部アライメントとの関連
 

INDEXへ戻る
 
 
◎コメント紹介◎
 
2. 2017年度CSPT
 
CSPT クリニカルスポーツ理学療法セミナーを昨年受講された方のコメントをご紹介させていただきます。
 
■ 科学的な知見
・裏付けされた研究を行い、得られた結果から治療を組み立てられていたので、臨床的に十分な知見を含んでいると感じた(肩関節:20代男性)
・解剖に基づいて、何故制限が生じているのか明確にわかりました。(胸郭:20代男性)
 
■ 臨床的な知見
・下腿外旋により起きる問題と、それが起きる原因の抽出、改善に至いたるプロセスが分かりやすかった。(膝関節:30代男性)
・足関節のアライメントは、個人差があるなか、アライメントの評価、機能評価が含まれていてよかった。(足関節:20代男性)
・仙腸関節が原因だと思われる患者様が多いので、今回の内容は明日の臨床に役立つと思いました。(骨盤:30代男性)
 
■ 全体
・評価、実技の時間が多く、とても充実していました。(腰痛骨盤通・20代男性)
・手関節の腱の滑走不全の症例が多く、日々考えていたところに対しての内容だったため、役立つ内容だった(肘関節・前腕・手関節:20代男性)
・蒲田先生に直接触っていただき、感覚がわかりやすかったです。(股関節:40代男性)
・毎回目から鱗のような説明ありがとうございます。(膝関節:20代男性)
・可動域が向上し、即時効果がしっかり出せました。(肩関節:20代男性)
 
INDEXへ戻る
 
 
◎開催要項・お申込み◎
 
3. CSPT2018 東京・大阪会場
 
1回ずつのお申込み開始しました!!
(1)東京会場
4月22日(日):イントロダクション
5月20日(日):骨盤
6月24日(日):胸郭
7月29日(日):腰痛・骨盤痛
8月26日(日):股関節
9月30日(日):膝関節
10月21日(日):足関節
11月11日(日):足部
12月23日(日):肩関節
1月27日(日):肘関節・前腕・手関節
 
(2)関西会場
9月22日(土):イントロダクション
9月23日(日):骨盤
10月7日(日):胸郭
10月8日(月):腰痛・骨盤痛
11月3日(土):股関節
11月4日(日):膝関節
1月19日(土):足関節
1月20日(日):足部
2月23日(土):肩関節
2月24日(日):肘関節・前腕・手関節
 
※講習時間は9:30-16:30です。
 
■ 受講料 ■
● 10回セット
116,640円 (税込) 
(セミナー1回分(12,960円分)お得!!
 
● 1回
12,960円 (税込) 
 
■ 申し込み ■
(1)東京会場はこちら
 
(2)大阪会場はこちら
 
● 該当セミナーを買い物カゴに入れ、ご購入手続きへとお進み下さい。
● 登録前にキャンセルポリシーをお読みください。
 

 
★その他現在募集中のセミナーは
http://www.glabshop.com/seminar/(PC版)
http://www.glabshop.com/seminar_list_mb/(モバイル版)
にて確認いただけます!
 
★過去のニューズレターは
http://www.glabshop.com/category/news_list/(PC版)
http://www.glabshop.com/category/news_list_mb/(モバイル版)
にて公開中です!
 
INDEXへ戻る
 
 


2018年3月5日 配信分

 ReaLineショップニュース !!
 
ショップ情報をこちらで随時配信しています。ショップ情報をいち早く知りたい方は、GLABニューズレターをご登録下さい。

 

INDEX
◎リアライン商品紹介◎
1. リアライン・コアSIとは?
◎予約発売情報◎
2. リアライン・コアSIユニット単体も販売!
◎ご愛用者紹介◎
3. リアライン・コアご愛用のアスリート一覧

 
◎リアライン商品紹介◎
 
1. リアライン・コアSIとは?
 
リアライン・コアSIはリアライン・コアのアップグレード版で、「骨盤ユニット」の骨盤を安定させる機能が従来のリアライン・コアから大きく向上しました。
※「胸郭ユニット」に変更はありません。
 
今回の改良では、骨盤ユニットのバックフレームの形状を変更して、骨盤への密着性を向上させるとともに、仙腸関節への圧迫力を強めることに成功。骨盤へのフィット感、PSISを接近させる圧迫感、股関節の開放感、大殿筋の入れやすさなどが、格段に増します。
 
仙腸関節の圧迫力を強化することで、仙腸関節を理想的な位置に保持した状態で、様々なトレーニングを行うことができるようになりました。
 
<アップグレードの内容>
・上方に滑りにくい密着性向上
・仙腸関節の安定化のための圧迫力の大幅な向上
・バックフレームの後外側の角の大殿筋への食い込みの減少
 
骨盤のリアライン効果が大幅に改善して仙腸関節の痛みを軽減する効果が大きいとともに、装着下での大殿筋のトレーニングをより有効にします。これまで以上に、アスリートのトレーニングや腰痛・骨盤痛の治療への応用範囲が拡大することが期待されます。
 
INDEXへ戻る
 
 
◎予約発売情報◎
 
2. リアライン・コアSIユニット単体も販売!
 
リアライン・コアSI販売に伴い、商品のラインナップは下記の通り4種類となります。また、4月に予約販売を開始する予定です。
※予約販売開始日はGLABshop及びFacebook・ツイッターで公開いたします!随時チェックください。
 
A)リアライン・コア(同一の胸郭ユニット、骨盤ユニット)
\100,000(税抜)
⇒現在販売している従来のリアライン・コアです。
 
B)リアライン・コアSI(胸郭ユニット、SIユニット)  
\120,000(税抜)
⇒骨盤ユニットのバックフレームを変更したSIユニットと従来の胸郭ユニットを組み合わせたものです。
 
C)リアライン・コア SIユニット
\70,000(税抜)
骨盤ユニットのバックフレームを変更したSIユニットのみです。
【既にリアライン・コアをお持ちの方のみを対象とした単体販売!!】
 
D)リアライン・コア SIバックフレーム
\30,000(税抜)
SIユニットのバックフレームのみの販売です。従来のリアライン・コアのバックフレームをSIバックフレームへ変更してお使いいただけます。
【リアライン認定資格Level 2以上の方限定】
 
新商品の発売は夏頃、4月より予約受付開始を予定しております。開発状況によりましては、延期させていただく可能性がありますことをご了承ください。
 
▼ GLABshopはこちら
 
▼ Facebookはこちら
 
▼ ツイッターはこちら
 
INDEXへ戻る
 
 
◎ご愛用者紹介◎
 
3. リアライン・コアご愛用のアスリート一覧
 
リアライン・バランスシューズをご愛用いただいている女子プロバスケットボールの東京羽田ヴィッキーズ様よりコメントをいただきました!
 
リアライン・コアは多くのトップアスリートの皆様にご愛用いただいております。一部の方をご紹介させていただきます。
 
■ 2016年リオデジャネイロオリンピック 4×100mリレー 銀メダリスト飯塚 翔太選手
 
■ ラグビー日本代表 主将(共同主将) 『立川 理道選手
 
■ 2016年リオデジャネイロオリンピック 十種競技 日本代表 『右代 啓祐選手
 
■ 2018年平昌オリンピック カーリング 日本代表(主将) 銅メダリスト本橋 麻里選手
 
■ 2018年平昌オリンピック ノルディック複合 日本代表選手 銀メダリスト渡部 暁斗選手』、『渡部 善斗選手』、『永井 秀昭選手』、『山元 豪選手
 
■ プロ野球選手 『平野 佳寿選手
 
■ プロサッカー選手都倉 賢選手
 
■ プロサッカー選手豊田 陽平選手
 
■ ジャパンラグビートップリーグ東芝ブレイブルーパス
 

 

 
★過去のニューズレターは
http://www.glabshop.com/category/news_list/(PC版)
http://www.glabshop.com/category/news_list_mb/(モバイル版)
にて公開中です!
 
INDEXへ戻る
 
 


2018年2月19日 配信分

 GLABセミナーニュース !!
 
セミナー情報をこちらで随時配信しています。セミナー情報をいち早く知りたい方は、GLABニューズレターをご登録下さい。

 

INDEX
◎セミナー紹介1◎
1. 3月24日:関節疾病の進行予防
◎セミナー紹介2◎
2. 3月25日:関節拘縮のサイエンスと治療法
◎コメント紹介◎
3. SPTSセミナー(関節疾病予防セミナーの前身)
◎開催要項・お申込み◎
4. 第1回関節疾病予防セミナー

 
◎セミナー紹介1◎
 
1. 3月24日:関節疾病の進行予防
 
 2日間で関節疾病予防ついて世界の専門家達と同じレベルの知識を共有できる
関節疾病予防セミナー
の3月24日(土)のプログラムは下記の通りです。
 
■ 3月24日(土)
テーマ『関節疾病の進行予防』

 
【講義1】
「脊椎疾患の進行予防」
講師:平泉裕先生(昭和大学整形外科学講座客員教授、品川志匠会病院副院長)
 
【講義2】
「サルコペニアの進行予防」
講師:栗田興司先生(PCP合同会社)
 
【講義3】
「関節疾病予防研究部会の研究推進計画」
講師:弊社代表 蒲田和芳(広島国際大学)
 
【講義4】
「変形性膝関節症の進行予防」
講師:星賢治先生(広島国際大学研究員)
 
その他2本の講義を予定しております。
 


INDEXへ戻る
 
 
◎セミナー紹介2◎
 
2. 3月25日:関節拘縮のサイエンスと治療法
 
関節疾病予防セミナーの前身のSPTS(スポーツ理学療法セミナー)と同様に、文献レビューを中心とした発表(10分間)を行います。
プログラムは下記の通りです。
 
■ 3月25日(日)
テーマ『関節拘縮のサイエンスと治療法』

 
【関節拘縮の基礎科学1 動物実験】
座長:小野武也先生(広島県立大学)
 
<発表1>
「関節拘縮の予防・改善のために必要な治療時間」
演者:相原一貴先生(大阪保健医療大学)
 
<発表2>
「皮膚へのストレッチの効果」
演者:田坂厚志先生(大阪保健医療大学)
 
<発表3>
「ストレッチ」
演者:石倉英樹先生(広島都市学園大学)
 
<発表4>
「非荷重の影響」
演者:佐藤勇太先生(県立広島大学)
 
【関節拘縮の基礎科学2 ヒト(献体含む)】
座長:坂雅之先生(八王子スポーツ整形外科)
 
<発表1>
「皮膚の変化に由来した拘縮」
演者:水野敬太先生(八王子スポーツ整形外科)
 
<発表2>
「筋・腱の変化に由来した拘縮」
演者:村本勇貴先生(かつしか江戸川病院)
 
<発表3>
「靭帯の変化に由来した拘縮」
演者:大川原洋樹先生(慶應義塾大学)
 
<発表4>
「関節包の変化に由来した拘縮」
演者:村田健一朗先生(早稲田大学)
 
【拘縮の可視化・計測】
座長:星賢治先生(広島国際大学)
 
<発表1>
「Force transmission (力伝達)」
演者:内田大樹先生(鹿屋体育大学)
 
<発表2>
「MRI、超音波・筋電図・筋音図」
演者:青木章乃先生(広島国際大学)
 
<発表3>
「軟部組織スティフネスの可視化・定量化」
演者:飯田尚哉先生(札幌医科大学)
 
【セラピストによる拘縮治療】
座長:山内弘喜先生(亀田総合病院)
 
<発表1>
「運動療法・セルフリリース器具」
演者:石田優子先生(八王子スポーツ整形外科)
 
<発表2>
「徒手療法」
演者:近藤晃弘先生(三菱名古屋病院)
 
<発表3>
「用手器具を使ったリリース(IASMT)」
演者:森本将司先生(貞松病院)
 
<発表4>
「物理療法」
演者:芦原光明先生(相模原協同病院)
 
【医師による拘縮治療】
座長:服部 惣一先生(亀田総合病院)
 
<発表1>
「麻酔下・鏡視下マニピュレーション」
演者:三浦遼平(貞松病院)
 
<発表2>
「注射によるリリース(hydrodilatation, hydro-release)」
演者:山下智子(広島国際大学)
 
【講演:拘縮治療の最先端】
講師:小野武也先生(広島県立大学)
 
【講演:組織間リリースの技術と検証】
講師:弊社代表 蒲田和芳(広島国際大学)
 
その他2本の講義を予定しております。
   
INDEXへ戻る
 
 
◎コメント紹介◎
 
3. SPTSセミナー(関節疾病予防セミナーの前身)
 
関節疾病予防セミナーの前身のSPTS(スポーツ理学療法セミナー)を昨年受講された方のコメントをご紹介させていただきます。
 
・幅広く深く知見を知ることができたので、とても良かったです。文献を基に科学的根拠を考えることの大切さを感じました。
 
・知識のアップデートが行えました。
 
・幅広い知識を得ることが出来、臨床において私自身もこのような形でまとめて、より深みある治療を行いたいと感じました。
 
・臨床での取り組みなども聞けて良かったです。
 
・大変興味深い内容で、改めて構造や病態を理解する必要があると感じました。
 
・テンポ良く具体的な内容を提示していただいたので、とても有意義な時間だったと思います。
 
・情報の質・量とも非常に良いと思います。
 
・改めて全身的に運動連鎖を頭に入れて見ていくことの大切さを学びました。木も見て森も見るということの大切さを知りました。
 
・知識の整理ができました。
 
・たくさん様々なエビデンスを聞くことができ、大変有意義な時間になりました。
 
・現場の人の話は興味深かったです。
 
・自分ではできないような細かな文献リサーチから多くのことを得ることができました。
 
INDEXへ戻る
 
 
◎開催要項・お申込み◎
 
4. 第1回関節疾病予防セミナー
 
■ テーマ ■
 
(1日目)関節疾病の進行予防
(2日目)関節拘縮のサイエンスと治療法
 
■ 日時 ■
 
(1日目)
2018年3月24日(土)9:45~17:00
(2日目)
2018年3月25日(日)9:30~16:40
 
■ 会場 ■
フォーラムエイト
(東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル)
 3月24日(土)⇒707会議室
 3月25日(日)⇒515会議室
 
■ 受講料 ■
 
<日本健康予防医学会 正会員特別価格>
2日間セット受講:16,000円(税込)
 
<一般>
2日間セット受講:20,000円(税込)
 
※上記の金額は2018年1月31日までのお申込みの場合の金額です。2月1日以降は正規料金となります。
 
<個別>
3月24日のみ:10,000円(税込)
3月25日のみ:12,000円(税込)
 
■ 申し込み ■
http://www.glabshop.com/18k-seminar/
 
● 該当セミナーを買い物カゴに入れ、ご購入手続きへとお進み下さい。
● 登録前にキャンセルポリシーをお読みください。

クリックするとPDF広告がご覧いただけます。こちらの用紙でFAXお申込みも可能です。

 
★その他現在募集中のセミナーは
http://www.glabshop.com/seminar/(PC版)
http://www.glabshop.com/seminar_list_mb/(モバイル版)
にて確認いただけます!
 
★過去のニューズレターは
http://www.glabshop.com/category/news_list/(PC版)
http://www.glabshop.com/category/news_list_mb/(モバイル版)
にて公開中です!
 
INDEXへ戻る
 
 


2018年2月1日 配信分

 ReaLineショップニュース !!
 
ショップ情報をこちらで随時配信しています。ショップ情報をいち早く知りたい方は、GLABニューズレターをご登録下さい。

 

INDEX
◎リアライン商品紹介1◎
1. リアライン・バランスシューズ膝関節用の基本的な使い方
◎リアライン商品紹介2◎
2. リアライン・バランスシューズ足関節用の基本的な使い方
◎コメントご紹介◎
3.女子プロバスケットボール 東京羽田ヴィッキーズ様より
◎ご案内◎
4. リアライン・バランスシューズ

 
◎リアライン商品紹介1◎
 
1. リアライン・バランスシューズ膝関節用の基本的な使い方
 
「リアライン・バランスシューズの使い方が難しくて分からない!」そう思っている方もいらっしゃるかと思いますが、実はとてもシンプルな方法でトレーニングができます。今回は基本的な使い方をご紹介させていただきます。
 
まず、リアライン・バランスシューズの使用目的は「関節を整えること」です。
 
【一般の方へのメリット】
知らず知らずのうちに生じた膝の捻じれは、長い年月で関節軟骨の摩耗を加速します。バランスシューズトレーニングは、このねじれを運動によって改善します。
 
【アスリートへのメリット】
膝の捻じれ、膝蓋骨(膝のお皿)のずれは膝の筋力発揮を抑制し、パフォーマンスを低下させます。通常のトレーニングを行う前にバランスシューズを活用することで、トレーニング効果を高めるとともに、選手寿命を延ばします。

 
それでは、リアライン・バランスシューズ膝関節用の基本的な使用方法です。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
■ 1-3日目
 
(1)準備
まず、バランスシューズを装着して、肩幅の1.5倍足を開き、つま先を前に向けます。
 
(2)理想的な位置のチェック
・膝を曲げた状態(スクワットの姿勢)とします。
・その状態から膝を外側に向け、次に内側に向けるように動かし、バランスシューズの傾きが変化するの感じます。
・膝を外から内に動かしていくと、バランスシューズが水平の状態でピタッと止まる位置が見つかります。ここが理想的な膝の位置です。
・この後の運動は、すべてバランスシューズを水平に保ち、まったく揺れることがないように意識して行います。
 
(3)膝の曲げ伸ばし
理想的な膝の位置を保ちながら、揺れないように膝の曲げ伸ばしをゆっくりしてください。10回を3セットしましょう。
 
■ 4-6日目
 
(1)準備
両足を前後に30cm開きます。そして、左右に30cmずれた位置にくるように足を置きます。つま先は正面に向け、膝をやや外向けにします。
 
(2)理想的な位置のチェック
1-3日目のときと同じようにピタッと止まる理想的な位置を確認します。
 
(3)膝の曲げ伸ばし
理想的な膝の位置を保ちながら、揺れないように膝の曲げ伸ばしをゆっくりしてください。腰を真下に下げるようにランジ運動を行います。左右10回を2セットずつしましょう。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
バランスシューズの使い方がわからないという方は、まず上記の基本的な方法で、繰り返しトレーニングしてみてください。
 
これを正確に5分程度行うだけで、膝の安定感を感じるはずです。これを1か月ほど続けていただくと、バランスシューズトレーニングの前後で、膝の変化が生じなくなります。つまり、トレーニング前にも理想の膝のかみ合わせが保たれていることを意味します。
 
日々進行していく体の小さな歪みは、なかなか感じ取ることができません。バランスシューズを使うことで、膝が今まで歪んでいたということを実感できるでしょう。
 
膝の歪み予防に、また毎日のケアに、「リアライン・バランスシューズ膝関節用」を取り入れてみてはいかがでしょうか。
 

 
INDEXへ戻る
 
 
◎リアライン商品紹介2◎
 
2.リアライン・バランスシューズ足関節用の基本的な使い方
 
リアライン・バランスシューズ足関節用を使用する前に、<膝関節用>で、距腿関節から骨盤までの位置関係を整えた後、距骨下関節のトレーニングを目的に<足関節用>をご使用ください。
 
リアライン・バランスシューズ足関節用の使用目的は、「足首を鍛え、捻挫しにくい足首を獲得すること」です。
 
【一般の方・アスリートへのメリット】
捻挫を防ぐ。足首の不安定を解消する。
 
靴の外側が削れやすく、小指側に体重がのりやすい方状態は、足首の捻挫が起こりやすい状態といえます。リアライン・バランスシューズ足関節用を用いることで、自然に親指側の母趾球に体重をのせやすくなり、捻挫予防に繋がります。

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
■ 1-3日目
 
(1)準備
まず、バランスシューズを装着して、肩幅の1.5倍足を開き、つま先を前に向けます。
 
(2)理想的な位置のチェック
・膝をゆっくり曲げてスクワットの状態となります。
・膝を薬指の真上(膝関節用で獲得した位置)を保ち、踵を1mm程度床から浮かせます。
・この状態から、小指を少し持ち上げ、バランスシューズを水平にします。
・このときに、踵に体重を乗せないこと、膝を内側に向けないことを意識してください。
 
(3)膝の曲げ伸ばし
バランスシューズを水平に保ち、傾かないようにしつつ膝の曲げ伸ばしをゆっくりしてください。このとき、すねの外側が鍛えられている感覚を得るはずです。
10回を3セットしましょう。
 
■ 4-6日目
 
(1)準備
両足を前後に30cm開きます。そして、左右に30cmずれた位置にくるように足を置きます。つま先は前を向けます。
 
(2)理想的な位置のチェック
1-3日目のときと同じように、バランスシューズを水平に保つため、小指を少し持ち上げます。
 
(3)膝の曲げ伸ばし
水平を保ちつつ、傾かないように膝の曲げ伸ばしをゆっくりしてください。左右10回を2セットずつしましょう。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
リアライン・バランスシューズ膝関節用と足関節用で、基本的な動きは同じです。とてもシンプルな方法なので、是非お試しください。
 
そして、リアライン・バランスシューズの効果を感じられた方は、様々なエクササイズへとステップアップしてください。
 
▼ リアライン・バランスシューズのエクササイズ法はこちら
 

 
INDEXへ戻る
 
 
◎コメント紹介◎
 
3. 女子プロバスケットボール 東京羽田ヴィッキーズ様より
 
リアライン・バランスシューズをご愛用いただいている女子プロバスケットボールの東京羽田ヴィッキーズ様よりコメントをいただきました!
 
森本 由樹 選手「ジャンプした後など、膝が内側に入らないよう意識できます。」
 
高木 亜利沙 選手「足関節用は特に外側の筋力に刺激が入り捻挫の予防になると感じます。足首や膝が悪い選手だけでなく、ケガをしないための予防にとても有効だと思います。」
 
瀬崎 理奈 選手「ACL損傷の予防効果があると思います。」
 
秋元 千那実 選手「バランスを整えるためにも、カラダの使い方を意識するためにも有効だと思います。」
 
上酔尾 巳唯 選手「膝用を使用してから、スクワットなどの動きで膝が内側に入らなくなりました。」
 
ワシントン 錦 選手「ふくらはぎがつりそうになる時、普段使われてない筋肉が今使われているんだなと思います。」
 
高木 優里 選手「ふんばる時に膝が内側に入らなくなりました。」
 
本橋 菜子 選手「トレーニング前に行うと、母指球に体重がうまくのりやすくなって、より効果的に正しいフォームでトレーニングが出来やすくなりました。」
 
奥田 花 選手「捻挫予防になると思います。足の横の筋肉などに力が入っている感じがするため、筋力アップにもなります。」
 
平松 飛鳥 選手「ストップ時や切り替え時、また相手とコンタクトしたときのバランスが前よりも良くなった気がします。」
 
小山 真実 選手「重心がまっすぐになるトレーニングなので、良くなりました。」
 

INDEXへ戻る
 
 
◎ご案内◎
 
4. リアライン・バランスシューズのご案内
 

■ リアライン・バランスシューズ膝関節用 ご案内■
 

【ご購入はこちら】
PC版
モバイル版
 
 【 サイズ 】
Sサイズ(23.5cm以下)
Mサイズ(24cm-27cm)
Lサイズ(27.5cm以上)
 
【 カラー 】
ブラック
ブルー(初心者用:材質が柔らかくバランスが取りやすい)
 
【 金額 】
8,800円(税込)
 
■ リアライン・バランスシューズ足関節用 ご案内■
 

【ご購入はこちら】
PC版
モバイル版
 
 【 サイズ 】
Mサイズ(24cm-27cm)のみ
 
【 カラー 】
ブラック
 
【 金額 】
7,000円(税込)
 
★その他リアライン商品は
http://www.glabshop.com/realine-shop/(PC版)
http://www.glabshop.com/realine_list_mb/(モバイル版)
にて確認いただけます!
 
★過去のニューズレターは
http://www.glabshop.com/category/news_list/(PC版)
http://www.glabshop.com/category/news_list_mb/(モバイル版)
にて公開中です!
 
INDEXへ戻る
 
 


2018年1月18日 配信分

 GLABセミナーニュース !!
 
セミナー情報をこちらで随時配信しています。セミナー情報をいち早く知りたい方は、GLABニューズレターをご登録下さい。

 

INDEX
◎セミナー紹介1◎
1. ISR(R)とは?
◎セミナー紹介2◎
2. ISR(R)2018初級編
◎セミナー紹介3◎
3. ISR(R)2018中級編
◎開催要項・お申込み◎
4. ISR(組織間リリース®)セミナー

 
◎セミナー紹介1◎
 
1.ISR(R)とは?
 
ISR(R)(=Inter-Structural Release)とは、組織どうしをゆるく結合している疎性結合組織をリリースすることを意図した徒手的治療法です。
 
ISRの技術は、治療技術として用いられるだけでなく、1㎜単位での詳細な触診を可能にします。さらには、触診により痛みを「計測」するための技術でもあります。ISR(R)は、主に以下のような目的で使用されます。
 
 
1.慢性痛への効果
 
運動器の慢性痛には少なからず組織間の癒着が関与しています。Fascia(線維性結合組織)の重責をエコー下での生理食塩水でリリース(hydro-release)することにより、頑固な慢性痛が改善されることが近年わかってきました。また、股関節鏡手術において、関節包に癒着する瘢痕組織をレーザーやシェーバーでリリースすることで、術後の可動域と疼痛の大きな改善が得られることが分かってきました。
 
慢性炎症により形成された異常血管と疼痛との関連性、fascia内の水分の可動性と発痛物質との関係なども解明されつつあります。これらは医師による治療技術として近年発展していますが、ISR(R)を習得することにより、セラピストもこれらと同様のことを実施できるようになります。
 
 
2.マルアライメントの修正
 
ヒトが正常に身体運動を行うためには、皮膚、皮下脂肪、筋、腱、靱帯、関節包、骨膜など全ての組織において、隣接する組織との間で可動性を保つ必要があります。それを失うと、関節運動が制限され、筋や腱の滑走性低下による筋機能低下が引き起こされます。
 
ISR(R)を用いることで、組織間の癒着に基づく慢性痛を取り除くだけでなく、マルアライメントの修正を進めることが出来ます。ISRは蒲田が関節疾患治療の設計図として提唱している「リアライン・コンセプト」を進める上で不可欠の要素となります。
 
 
3.正常な筋機能の獲得
 
ISRにより、炎症や組織損傷の結果として癒着している組織をリリースすることができるようになります。
 
例えば、ハムストリングスの肉ばなれのあと、半膜様筋と大内転筋、大腿二頭筋長頭と半腱様筋などが癒着し、それがしこりや違和感として感じられ、筋が痙攣したり、肉ばなれしそうな不安感をもたらしたりします。深い屈曲位でのハムストリングスの最大収縮で、筋がつりそうになることはよく経験されることです。
 
ISR(R)を習得すると、これらを確実に、しかも症状や機能の変化を検証しながら治療を進めることができます。
 


 
INDEXへ戻る
 
 
◎セミナー紹介2◎
 
2. ISR(R)2018初級編
 
Fascia(線維性結合組織)の基礎知識、ISRの理論と方法、皮下組織・筋間リリースを行います。座学として、リリースの対象となるfascia(線維性結合組織)と組織間をゆるく結合する疎性結合組織の構造や特性を解説します。またISR(R)の基礎技術である指の使い方を、自分自身やパートナーの皮下組織や筋間において実践します。「溶けるように剥がれる」という感覚を実感することを目標とします。
 
 
 (1) セミナーの内容
<第1回>
Fasciaリリースの基礎知識、皮下組織、筋間リリースを通じて、組織間の癒着を「溶かす」技術を学びます。
 
<第2回>
肩関節の可動域制限をもたらす肩甲胸郭および肩甲上腕関節にまたがる筋を一つずつ丁寧にリリースし、確実に可動域の変化を得るための技術を習得します。
 
<第3回>
膝関節を例に筋、腱、関節包間の癒着のリリースを行い、その可動域制限を取り去る確かな技術を習得します。午後には、膝関節のマルアライメントの修正に必要な膝関節周囲のリリースを行い、受講者間で互いに採点します。
 
 
 (2) 到達目標
・Fasciaの用語、構造、リリースの効果を理解すること。
・皮下組織、筋間の癒着を「溶かすように」リリースする技術を習得すること。
・肩関節の可動域制限、膝関節の外旋マルアライメントを確実に改善できるようになること。
   

INDEXへ戻る
 
 
◎セミナー紹介3◎
 
3. ISR(R)2018中級編
 
「中級編」では、すでに2017年度までのISRセミナーを修了された方、CSPTを受講されてリリースを実施できる方を対象とします。最終的には、股関節の関節包と周囲の筋との間のリリースを完成させ、股関節の可動域制限を完全に解消することを目標とします。
 
 
 (1) セミナーの内容
<第1回>
皮下組織・大腿筋膜張筋・中殿筋・小殿筋・大腿直筋のリリース
 
<第2回>
大殿筋、中殿筋、小殿筋、梨状筋、坐骨神経、大腿方形筋のリリース
 
<第3回>
鼠径靱帯、大腿動脈、大腿静脈、大腿神経、腸骨筋、大腰筋のリリース
 
 
 (2) 到達目標
・Pincer変形や関節唇損傷など、大腿骨頭周囲の触診ができること
・坐骨神経や大腿神経を癒着から解放できること
・小殿筋、腸骨筋、大腰筋、梨状筋など、股関節包に接触する筋を関節包との癒着から解放できること
 
INDEXへ戻る
 
 
◎開催要項・お申込み◎
 
4. ISR(組織間リリース®)セミナー
 
■ 日時 ■
 
(1)中級編
2018年4月21日(土)
2018年5月19日(土)
2018年6月23日(土)
 
(2)初級編
2018年11月10日(土)
2018年12月22日(土)
2019年1月26日(土)
 
※講習時間は9:30-16:30です。
 
■ 受講料 ■
 
株式会社ルネサンス 第1-2会議室
(東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア3F)
 
■ 会場 ■
 
3回セット受講:96,180円(税込)
 
■ 対象 ■
 
(1)中級編
・過去のISR(R)セミナー初級編を受講した人
・過去のCSPT(クリニカルスポーツ理学療法セミナー)を受講した人
・その他、蒲田が講師を務めたセミナーでISRの技術を学んだことがある人
 
(2)初級編
・医師、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、鍼灸マッサージ師
・アスレティックトレーナー(ATC、JASA-AT)、パーソナルトレーナー
・海外で徒手療法または医療資格、医療類似資格を取得された方
(日本の法的な制約を理解し、習得した技術を合法的に用いることができる方)
 
■ 申し込み ■
PC版
http://www.glabshop.com/isr2018
モバイル版
http://www.glabshop.com/isr2018_mb
 
● 該当セミナーを買い物カゴに入れ、ご購入手続きへとお進み下さい。
● 登録前にキャンセルポリシーをお読みください。
 
★その他現在募集中のセミナーは
http://www.glabshop.com/seminar/(PC版)
http://www.glabshop.com/seminar_list_mb/(モバイル版)
にて確認いただけます!
 
★過去のニューズレターは
http://www.glabshop.com/category/news_list/(PC版)
http://www.glabshop.com/category/news_list_mb/(モバイル版)
にて公開中です!
 
INDEXへ戻る
 
 


2017年12月26日 配信分

 ReaLineショップニュース !!
 
ショップ情報をこちらで随時配信しています。ショップ情報をいち早く知りたい方は、GLABニューズレターをご登録下さい。

 

INDEX
◎リアライン商品紹介◎
1. 新発売リアライン・ソックス・プロ&ソフトロング
◎キャンペーン情報◎
2. 「リアライン・ソックス」10チーム限定お試しキャンペーン まもなく締切!
◎コメントご紹介◎
3. 陸上十種競技 右代啓祐選手より
◎ご案内◎
4. リアライン・ソックス・プロ/リアライン・ソックス・ソフトロング

 
◎リアライン商品紹介◎
 
1. 新発売リアライン・ソックス・プロ&ソフトロング
 
■ リアライン・ソックス・プロ
 
リアライン・ソックスの最高峰!! 高度なテーピング機能とグリップ力向上を併せ持つソックスが誕生しました。
 
【高度なテーピング】
リアライン・ソックスを履くだけで、トレーナーも習得が難しい高度なテーピングの効果を得ることができます。高いテーピング効果のため、連続使用は2-3時間以内を推奨しています。
 
【グリップ力向上】
リアライン・ソックス・プロは、足底面だけでなく、側面にもストッパーがついています。そのため、靴の中で足が遊ぶことがなく、足と靴の一体感が飛躍的に向上します。
 
■ リアライン・ソックス・ソフトロング
 
足関節からふくらはぎまでサポートする初のハイソックスタイプが誕生しました! 足関節の運動を助けるだけでなく、ふくらはぎの筋肉をサポートし、浮腫み防止にも効果を発揮します。
 
【ふくらはぎもサポート】
ふくらはぎのトラブルとして多い肉離れを予防する効果があります。また、ふくらはぎのテーピング効果によって、下腿の疲労軽減の効果も期待できます。
 
【初のハイソックス】
これまでのリアライン・ソックスはクルー丈でした。スポーツ競技によっては、ハイソックスが望ましい場合があり、多くのご要望をいただきました。研究を重ねた結果、革新的なハイソックスが誕生しました。
 


 
INDEXへ戻る
 
 
◎キャンペーン情報◎
 
2.「リアライン・ソックス」10チーム限定お試しキャンペーン まもなく締切!
 
スポーツチーム(※1)向けに「履くだけで高度なテーピング効果を発揮する」リアライン・ソックスのキャンペーンを開催!!対象となるリアライン・ソックスは、レギュラータイプ(連続用2~3時間程度まで)とソフトタイプ(1日中着用可能)です。レギュラーは定価3,800円(税込)、ソフトは定価2,800円(税込)のところ、このキャンペーンでは10足セットを1万円で提供させていただきます(サイズは指定可能、色は指定不可、レギュラー・ソフト混合可能)。
 
※1 <対象のスポーツチーム>
・足のサイズ24cm以下を主とする女子チーム
・足のサイズ24cm以下を主とするジュニアチーム
・足のサイズ27cm以上を主とするスポーツチーム
 
キャンペーン広告: https://goo.gl/oY6Uaa
 
■ご紹介いただいたトレーナー、理学療法士の方には特典!
スポーツチームに帯同しているトレーナー、理学療法士の方へは特典があります。ご紹介いただいたスポーツチームが、キャンペーン後にリアライン・ソックスを本格導入された場合、その売り上げの合計金額の10%をご紹介者様に還付させていただきます(試着サンプルの金額は含まれません)。
 
■お申込み方法
キャンペーン期間:2017年12月1日~12月31日、先着10チーム様
 
【スポーツチーム様より直接のお申込み】
メールにてお申込みを受付いたします。
<宛先>
shop@g-lab.biz
<内容>
「ソックス試着キャンペーン登録希望」と明記の上、「お名前」「ご住所」「電話番号」「メールアドレス」「スポーツチーム名」をご連絡ください。メールにて専用の用紙を送らせていただきます。
 
【トレーナー、理学療法士様より直接のお申込み】
メールにてお申込みを受付いたします。
<宛先>
shop@g-lab.biz
<内容>
「ソックス試着キャンペーン登録希望」と明記の上、「お名前」「ご住所」「電話番号」「メールアドレス」「ご勤務先」「対象となるスポーツチーム名」をご連絡ください。
メールにて専用の用紙を送らせていただきます。

 
INDEXへ戻る
 
 
◎コメント紹介◎
 
3. 陸上十種競技 右代啓祐選手より
 
リアライン・ソックス・プロをご愛用いただいている 陸上十種競技 右代啓祐選手よりコメントをいただきました!
 
「以前から足首の捻挫癖があり、テーピングなどで保護をしながら予防をしていたのですが、手間とコストがかかってしまうという点が少し負担に感じていました。
 
リアライン・ソックス・プロと出会ってからは捻挫を予防とするだけではなくテーピングのようなきつい締め付けもなく程よい圧で締め付けてくれるので、本来の動きを活かしながら試合やトレーニングに打ち込む事ができています。
 
また、ソックスの側面にあるストッパーのおかげで走高跳や走幅跳などの踏切時のシューズ、ソックス間のズレがなくなりよりグリップ力を感じる事ができています。
 
捻挫癖があったり、足首に不安を抱えている方は是非試していただきたい商品です。」
 
INDEXへ戻る
 
 
◎ご案内◎
 
4. リアライン・ソックス・プロ/リアライン・ソックス・ソフトロングのご案内
 
 ■ リアライン・ソックス・プロ/リアライン・ソックス・ソフトロング ご案内 ■
 
※一部商品が未入荷となっております点をご了承ください。
 
【ご購入はこちら】
http://www.glabshop.com/realine_socks/
 
 【 サイズ 】
Sサイズ(22cm-23.5cm)
Mサイズ(24cm-25.5cm)
Lサイズ(26cm-27.5cm)
LLサイズ(28cm-29.5cm)
 
【 カラー 】
ブラック
ホワイト

 
【 金額 】
1足3,900円(税込)です。従来の3・10足セットに加えて、50足セットが新登場!
 
1足:3,900円(税込)
3足:9,500円(税込)・・・約18%off
10足:27,000円(税込)・・・約30%off
50足:97,500円(税込)・・・50%off
※セットは代理店掛け率対象外となります。
 
★その他リアライン商品は
http://www.glabshop.com/realine-shop/(PC版)
http://www.glabshop.com/realine_list_mb/(モバイル版)
にて確認いただけます!
 
★過去のニューズレターは
http://www.glabshop.com/category/news_list/(PC版)
http://www.glabshop.com/category/news_list_mb/(モバイル版)
にて公開中です!
 
INDEXへ戻る
 
 


2017年12月11日 配信分

 GLABセミナーニュース !!
 
セミナー情報をこちらで随時配信しています。セミナー情報をいち早く知りたい方は、GLABニューズレターをご登録下さい。

 

INDEX
◎セミナー紹介1◎
1. CSPT2018 東京・大阪会場
◎セミナー紹介2◎
2. CSPT2018部位別紹介
◎コメント紹介◎
3. CSPT受講者より
◎開催要項・お申込み◎
4. CSPT2018 東京・大阪会場

 
◎セミナー紹介1◎
 
1.CSPT2018 東京・大阪会場
 
 CSPTとは、全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズです。関節疾患の治療に携わるすべてのセラピスト、職種を対象としています。全10回となっており、部位別に理想的な関節運動を取り戻すための治療の考え方(設計図)とそれを実現するための治療法(技術)を習得できます。
 
 CSPT2018では、スポーツ外傷・傷害に対するリハビリテーションを中心に、全身の関節のマルアライメントの修正・改善を確実に進める方法を講習いたします。約70%の時間を実技に割き、次の日の臨床に生かすことのできる内容となっております。
 
■ 予習
CSPT2017のeラーニング(オンデマンド)を視聴していただき、解剖・運動学・バイオメカニクスや病態評価、機能評価の知識を事前に習得していただきます。
 
※eラーニングのご視聴には別途お手続き及び費用が発生いたします。
https://www.jlc-ondemand.com/LP/418_medical/418_medical/gamada_lp/index.php
 
■セミナーの流れ
CSPT2018では、午前中にアライメント評価の実技を行い、パートナーのアライメントの特徴を把握します。その後、原因因子の治療を進めてマルアライメントを修正します。
 
午後には、結果因子の治療、治療デモンストレーション、運動療法(リアライン・エクササイズ)を習得していただきます。
 

 
INDEXへ戻る
 
 
◎セミナー紹介2◎
 
2. CSPT2018部位別紹介
 
■ 第1回:イントロダクション
「リアライン・コンセプト」の大きな特徴である「原因因子と結果因子」を大別することを解説するとともに、実際に皮膚リリース、筋間リリース、組織間リリースを習得していただきます。イントロダクションを受けていただくと、その後のセミナーがスムーズに理解いただけます。
 
■ 第2回:骨盤
微細な骨盤運動を正確に評価し、治療につなげていくコンセプト、技術を紹介します。骨盤の解剖から、仙腸関節痛の病態、評価、治療を明確に示していきます。PSIS間が開大する3つの原因の滑走性を改善し、PSIS間を接近させて仙腸関節の安定性を向上させる方法を習得いただきます。
 
■ 第3回:胸郭
胸郭の異常運動の評価から治療までのコンセプト、技術を紹介します。胸郭の機能不全の分類法をはじめ、それぞれに対するアプローチ法を習得していただきます。胸郭の解剖から、腰痛、肩痛との関連を含めた病態、評価、治療を明確に示していきます。
 
■ 第4回:腰痛・骨盤痛
アライメントおよび機能評価に基づき、腰痛・骨盤痛の原因を特定し、治療を行う一連を紹介します。骨盤編や胸郭編よりも「痛み」に焦点をあてて、その評価と治療の紹介を行っているため、一層臨床に近づいた内容のセミナーとなっています。
 
■ 第5回:股関節
股関節周囲のスポーツ外傷・障害のうち、サッカー等で多発する疾患「鼠径部痛症候群」の正確な評価を習得いただきます。様々な問題が絡み合って、症状を引き起こすため、正確な評価が不可欠です。治療技術では、内転筋群、鼠径部、腹筋群に残存しやすい滑走不全を正確にリリースする技術を紹介します。
 
■ 第6回:膝関節
変形性膝関節症はどの組織の痛みなのかを特定する上で、何よりも精密な触診が重要です。膝の正常な回旋アライメントを取り戻すためには、運動療法だけでは困難であり、ISR®(組織間リリース®)の技術が求められます。この回では、膝関節の回旋アライメント評価とともに、それを確実に改善するための治療を習得していただきます。
 
■ 第7回:足関節
背屈位での不安定性を呈するマルアライメントの理解とともに、その原因を解消します。リアラインにより関節の適合性が改善し、不安定性に大きな変化が生じます。また、組織間リリース(ISR)を用いた治療にて、安定した足関節を再獲得させる技術を習得していただきます。
 
■ 第8回:足部
外反母趾から足部アーチ異常まで、さまざまな足部疾患に対応できる、知識・技術を学んでいただきます。 扁平足、ハイアーチ、どちらにも起こりうるアーチ機構の崩壊を評価し、アーチ機構再獲得に重要な立方骨コントロールの治療方法を紹介します。外反母趾に伴うマルアライメントを理解し、その治療手段を習得していただきます。
 
■ 第9回:肩関節
骨頭のアライメントを崩している、肩後方や腋窩、前胸部の滑走不全に対して、一つ一つ的確なアプローチを可能にします。本では理解しきれない、正確な解剖知識と適切な触診技術を、実際に触って、学ぶことができます。
 
■ 第10回:肘関節・前腕・手関節
野球肘によくみられる伸展制限を代表とする、肘から手関節にかけてのマルアライメントの理解とともに、両関節の連動を考えながらの評価、理想の関節運動を再獲得する治療方法を習得していただきます。
   

INDEXへ戻る
 
 
◎コメント紹介◎
 
3. CSPT受講者より
 
・解剖学的な説明が多くわかりやすかった。(イントロダクション:20代女性)
 
・仙腸関節が原因だと思われる患者様が多いので、今回の内容は明日の臨床に役立つと思いました。(骨盤:30代男性)
 
・解剖に基づいて、何故制限が生じているのか明確にわかりました。(胸郭:20代男性)
 
・評価、実技の時間が多く、とても充実していました。(腰痛骨盤通・20代男性)
 
・触診の精度を上げるための解剖のイメージを深めることができた。(股関節:20代女性)
 
・下腿外旋により起きる問題と、それが起きる原因の抽出、改善に至いたるプロセスが分かりやすかった。(膝関節:30代男性)
 
・足関節のアライメントは、個人差があるなか、アライメントの評価、機能評価が含まれていてよかった。(足関節:20代男性)
 
・足部の障害を有する対象者の問題点を見直すきっかけとなりました。(足部:30代男性)
 
・裏付けされた研究を行い、得られた結果から治療を組み立てられていたので、臨床的に十分な知見を含んでいると感じました。(肩関節:20代男性)
 
・手関節の腱の滑走不全の症例が多く、日々考えていたところに対しての内容だったため、役立つ内容だった(肘関節・前腕・手関節:20代男性)
 
INDEXへ戻る
 
 
◎開催要項・お申込み◎
 
4. CSPT2018 東京・大阪会場
 
■ 日時 ■
 
(1)東京会場
4月22日(日):イントロダクション
5月20日(日):骨盤
6月24日(日):胸郭
7月29日(日):腰痛・骨盤痛
8月26日(日):股関節
9月30日(日):膝関節
10月21日(日):足関節
11月11日(日):足部
12月23日(日):肩関節
1月27日(日):肘関節・前腕・手関節
 
(2)関西会場
9月22日(土):イントロダクション
9月23日(日):骨盤
10月7日(日):胸郭
10月8日(月):腰痛・骨盤痛
11月3日(土):股関節
11月4日(日):膝関節
1月19日(土):足関節
1月20日(日):足部
2月23日(土):肩関節
2月24日(日):肘関節・前腕・手関節
 
※講習時間は9:30-16:30です。
 
■ 受講料 ■
 
<2018年1月31日までの申し込み>
● 103,680円(税込) 
(セミナー2回分(25,920円分)お得!!
 
※現在10回セット受講のみの受付を行っております。1回ずつの受講(12,960円分)は、東京会場は4月1日、大阪会場は5月1日からとなっております。
 
■ 申し込み ■
(1)東京会場
http://www.glabshop.com/cspt2018/#2
(2)大阪会場
http://www.glabshop.com/cspt2018/#2
 
● 該当セミナーを買い物カゴに入れ、ご購入手続きへとお進み下さい。
● 登録前にキャンセルポリシーをお読みください。
 
★その他現在募集中のセミナーは
http://www.glabshop.com/seminar/(PC版)
http://www.glabshop.com/seminar_list_mb/(モバイル版)
にて確認いただけます!
 
★過去のニューズレターは
http://www.glabshop.com/category/news_list/(PC版)
http://www.glabshop.com/category/news_list_mb/(モバイル版)
にて公開中です!
 
INDEXへ戻る
 
 


次ページ»

Powered by BB-Blog60.